父鬼街道その2へ



父鬼街道

堺市鳳熊野(小栗)街道から和歌山県紀ノ川市穴伏大和街道まで

「泉北郡鳳村大字長承寺なる小栗街道より起り、同郡鶴田村、信太村、北池田村、南池田村、南松尾村等を點綴し、同郡南横山村大字父鬼に於いて葛城山脈を超え和歌山縣伊都郡に通ぜり。管内の延長四里二十五丁四十六間にして、地勢は首尾殆山地を以って充たされ、起點より南松尾村に内る迄は路幅約2間を有して重荷の交通には敢えて支障を感ぜざれども、同村以南葛城山脈に至るの間は巉々たる怪岩逕道に屏立し路幅又狭窄にして攀躋し易からず。」(明治36年「大阪府誌第四編道路」から引用)



その1 鳳(堺市)から大野(和泉市)まで


阪和線鳳駅のほうから進んできた熊野街道は堺市西区上で右折するが父鬼街道はここから直進していく

草部の辻にある二体の地蔵と道標
「右槇尾山道」、「すぐ堺 住吉 大阪」(文久二(1862)年)(向きが変わっているのでは)
道標を兼ねていた地蔵の台座は新しい台座になっている)
草部にある酒屋さん
阪和道を越えると右手に見えるのは自衛隊の信太山演習場 伏屋では旧道を行く

伏屋町の中ほどにある地蔵
「右いせふじゐ寺、左さかい大坂」

「ひたりハめうけん、南無妙法蓮華経 元禄・・」伏屋町2


「右さかい大坂、左信太森道」

伏屋町4の地蔵









泉北高速鉄道
光明池駅付近を越える
これから越えていく和泉山脈

三国山から和泉葛城山方向
光明池
河泉街道との辻
和泉市和田町
旧家の長屋門 辻林酒造
槇尾川を渡ると右手にある地蔵堂と経墳




納花町付近の町並み
国分町
河泉街道と合流
旧国分峠へ向かう

光明皇后誕生所
旧国分峠

峠を越えたところ
「右ま紀のを、左大三ね山」嘉永六年(1853)
新国分峠手前の河泉街道との分岐に立つ道標
「右父鬼街道槙尾妙寺」、「左天野長野三日市」(明治三十八年)

「右ふぢい寺、左さかい大坂道」
下宮町
槇尾川を渡たり左は槇尾山(施福寺)に至る道
この角に倒れた道標が二基ある


「左まきのふみち、川かみうしたきみち」、「右さかいみち」

「左槇尾山」、「右父鬼街道父鬼妙寺」(明治三十八年)
大野町の交差点
左へとり川沿いにしばらく行くと道標を兼ねた地蔵がある

「右あまの山みち、左堺大坂」
阿弥陀寺
(和泉市案内板)
川沿いに上って行く


その2 父鬼から穴伏へ
ページTOPへ