中国街道TOPへ




中国街道1へ  中国街道3へ
中国街道 2 尼崎から西宮
神崎の渡し跡
金比羅さんの石燈籠


(兵庫県立歴史博物館ホームページ)
有馬街道との辻に建てられている地蔵型道標
正面「右 伊丹、左尼崎」
北面「左 大坂」
一心地蔵尊
「足利高氏建武の中興に不平、反逆し鎌倉に走る。・・・・新田軍と打出の辺りで決戦の運びとなる。楠正成軍遅ればせながら参加、神崎の辺りから神出鬼没。一心をこめた戦法で圧勝。高氏軍は遂に九州へと逃げ延びる。世にこれを神崎一心の戦という。」(地蔵尊前の解説より)
尼崎藩領界碑(西川八幡神社境内)
神崎橋を渡り堤沿いにしばらく下り、やがて神崎川と離れていく。
JR神戸線・宝塚線・東西線が一緒に走る線路の下をくぐると常光寺にはいる



尼崎市常光寺にある浄光寺
真言宗別格本山

皇大神社
(常光寺1)
長洲東通付近
厳島神社(長洲中通)
長洲連合福祉会館前の道標

東面「左 尼崎 西宮」
南面「右 大坂 京道 左 伊丹有馬道」
西面「右 尼崎 大坂」
北面「文化五年戌辰三月吉日」
(中国街道と伊丹有馬道との分岐)
長洲貴布禰社
尼崎市西本町にある貴布禰神社の元宮と言われている

残念さんの墓
(尼崎市教育委員会)

阪神電車の高架を越えたところにある
大物主神社





尼崎城址
城内小学校の一角に立つ尼崎城址の碑

尼崎城址公園
契沖生誕の比定地





寄り道
七松八幡神社(七松町)

境内には「七松城落城なくなられた武士及び家族 故六百三十余人之碑」が建てられている


この辺りが伊丹城主荒木村重の謀叛に織田信長が上級家臣の妻子122人を処刑し、続いて下級家臣の妻子、年若い侍等512人を四軒の家に閉じ込め焼殺した処刑場の跡と伝えられている






寺町




元和3年戸田氏鉄が尼崎城を築いた際、散在していた寺院を城の西に集め寺町をつくった
寺町案内板




街道に戻る

1995年阪神大震災で倒壊した鳥居
国道43号線沿いに進む


貴布禰神社
長洲貴布禰社が元宮
貴布禰神社を過ぎたところで国道43号線に別れ北に向かう
神田南通3の辻に建つ道標(弘化3年)

「左 西ノ宮兵庫」
「右 大坂道」

ここで街道は左折し西宮へ向かう
琴浦通りを西に進む

大庄小学校の中にある大庄村道路元標
街道は大庄小学校庭に消えている

中国街道案内板(尼崎市教育委員会)
琴浦神社
大庄西町付近
武庫川に向かう
雉が坂(尼崎市案内板)



武庫川を渡り西宮市へ



中国街道1

中国街道3
TOP