東高野街道



東高野街道 
京都から高野山に至る道

○京都府下では「和歌山街道」として
 「綴喜郡八幡町字八幡庄御幸橋南詰に於て、國道第二號路線より分岐し、八幡町市街を貫通し、城河の國境たる洞峠に至り、大阪府に入る。」(大正4年京都府誌から)

○大阪府に入ると「東高野街道」として
 「城河國界たる北河内郡招堤村に起り、同郡山田村、交野村、川越村、星田村、水本村、甲可村、四条畷村及び中河内郡大戸村、枚岡村、枚岡南村、南高安村等の諸村をケ経、南河内郡柏原村にて大和川を渡り同郡道明寺村に入り古市村、西浦村、貴志村、新堂村、富田林村、廿山村、錦部村等の諸邑を點綴し、同郡長野村大字長野に於いて西高野街道に聯結せり。
 而して南は紀伊高野山に達し北は國道線路に據りて山城男山八幡に出て以って京都市に通ずるものたり。十三里二町二十五間の延長を有し管内縦貫線中最長にして又他に街道を併はせるもの尠なからず。即、北河内郡川越村大字茄子作に於ける磐船街道の如き同郡甲可村大字中野に於ける守口街道の如き同郡四條村大字中垣内に於ける古堤街道の如き中河内郡枚岡村大字豊浦に於ける暗越奈良街道の如き同郡南高安村大字恩智に於ける恩智街道の如き、同郡柏原村大字柏原に於ける奈良街道の如き、南河内郡道明寺村大字道明寺に於ける長尾街道の如き同郡古市村大字古市に於ける竹之内街道の如き其の他同郡富田林町に於ける富田林街道の如き、数え来たれば枚挙に遑あらざらんとす。
 一般地勢の概界は北部一半は妙見、生駒、飯盛、信貴等の諸山麓に蟠伏して多少の屈曲を免れざれども、概、平夷にして敢て難局を見ず。南河内郡に在りては東に石川の流を控へ西は河内鐵道線路に隣次して富田林町に入り同所より錦部に至るの間亦山麓を圍繞せるを以って起伏する所あり。
 而して本道中北河内郡一部を除きては交通常に絶ゆることなく、沿道、亦、四條畷神社、星田妙見、野崎観音、枚岡神社、瓢箪山稲荷、道明寺天神、誉田八幡等其の他名勝古跡の點在せるを以って四季行旅の客少なからず。」(明治36年大阪府誌から)

 


空海は平安初期、高野山に金剛峰寺を建て、のち
11〜2世紀ごろから、弘法大師空海を尊崇する人々は、高野詣をするようになった。

 京都の貴族たちが高野山に詣でるルートは、東高野街道、西高野街道、中高野街道と下高野街道で大山崎からの道は東高野街道とよばれ、生駒山地西麓を経て河内長野方面に向かう旧国道170号線ルート。

 
堺方面からは三国丘の方違神社の南を通る西高野街道の国道310号線に沿った道。
 この東・西高野街道にはさまれる中高野街道と下高野街道とよばれる古道が通っている。




東高野街道の起点となる木津川の御幸橋(八幡市)



岩清水八幡宮
放生川に架かる安居(あんご)橋 泰勝寺付近
このあたりの道標
   

ここで東高野街道は右へ
直進は山根街道となる
洞ヶ峠へ向かう 洞ヶ峠は京都(八幡市)と大阪(枚方市)の府境



出屋敷(枚方市)
古い家並みが残る


出屋敷にある「東高野街道」道標


北川の出鼻橋を渡り左手の旧道を行く



掛松地蔵(茄子作)


二基の道標(掛松地蔵の近く)
手前は明治37年大阪府建立、後方は安政二年のもの
山根街道との分岐店

星田ゴルフセンター近くの旧道沿い(交野市から寝屋川市に入ったあたり)


「四ツ辻」の道標(東寝屋川駅手前)



「四ツ辻」から東へ寄り道し、「石の宝殿」へ



石の宝殿のふもとにある打上神社(高良神社)



忍陵神社(JR忍ヶ丘駅西)


小さな道標の横に立つ石には何も書かれていない



清滝街道と交差「右清滝街道・すぐ東高野街道」



飯盛山の北麓にある御机神社



四條畷神社



四條畷神社からの夕景



弥勒寺(四條畷市南野)の十三仏
初七日から三十三回忌までの十三回の法要にあたり仏、菩薩をまつったもの

見てのとおりの!



左が旧道


慈眼寺(野崎観音)



慈眼寺あたりの旧街道



孔舎衙(くさか)小学校内(東大阪市日下町)にある道標



東大阪市中石切町付近



街道から左に行くと石切神社



石切劒箭神社



暗越奈良街道との交差点にある道標(東大阪市豊浦町)



左手が暗越、赤信号の道が東高野街道



枚岡神社一の鳥居

瓢箪山手前



近鉄奈良線「瓢箪山駅」の踏み切り



次へ