2003年3月23日  瓢箪山〜古市
瓢箪山稲荷神社



元は円墳(鬼塚と大塚)が瓢箪型に連なった古墳



「占場」
うら場に立ってそこを通る人を観察し占う


「無断でねこをつれてくるのもつれていくのもやめてください」


街道沿いに立つ瓢箪山稲荷神社鳥居



十三峠街道と交差するあたり



近鉄信貴線越える手前から見た高安山

教興寺山門(このあたり八尾市)



恩智神社近く
この辻から右(西)へ恩智街道が分岐し八尾停車場へ至る


恩智神社へ
恩智神社



感応院(恩智神社の神宮寺)



八尾市神宮寺(町名)
垣内 太平寺(柏原市)



太平寺から右手へ行くと大和川



ここで奈良街道と交わる
大和川を渡る



道明沿いの道標
道明寺本堂



応神陵付近(道標は天保九年)
誉田八幡宮



応神天皇陵へ繋がる石の太鼓橋(放生橋)
ここから西へは古市街道(平野〜古市)


竹内街道との辻(古市蓑の辻)



蓑の辻に立つ嘉永九年の道標

2003年9月10日  古市〜橋本



左手に二上山を望む
美具久留御霊神社(富田林市 喜志)


富田林 興正寺
奥谷家住宅


葛原家住宅・三階蔵
旧杉山家住宅 街道から寺内町への入り口に立つ道標



滝谷不動への辻にある道標(「すぐまき尾山」・電柱側「右滝谷山へ十丁」)


錦織一里塚(河内長野市境の手前)
一里塚跡にある宝篋印塔
承応二年(1653年)

河内長野市に入り近鉄線を越えたところにある「孝子地蔵」
説明板によると「左まきのを道」とある
巡礼道(との辻に立つ道標 「左かうや 右まきのを」

「右まきのを」は槇尾山施福寺への巡礼道であるとともにの滝畑街道の起点
河内長野市本町
右からの西高野街道と合流
ここからは「高野街道」となる
長野神社


神社境内のカシの木?これより境内右手にあるカヤの木
の方が天然記念物
天野酒


石川を渡る
高野山女人堂へ八里(三日市付近)


国道371号線を行く
千早口付近


天見の手前え
天見駅方面


南海高野線の紀見峠トンネル入り口


国道は直進し紀見トンネルへ、右手の旧峠道を行く
紀見峠


橋本へ下っていく
正面に高野山
次へつづく