市場街道



市場街道

市場池(摂津市千里丘)の東で小野原街道から分かれ亀岡街道を越え正雀、別府、新在家、鳥飼八防を経由し鳥飼下で高槻街道支線に接続する街道
途中、別府で乙辻街道と交差する



大阪府誌(明治36年)から
三等補助里道 市場街道
起点地名 三島郡山田村大字山田下小野原街道
経過地名 三島郡山田村、味舌村、鳥飼村
終点地名 三島郡鳥飼村大字鳥飼西高槻街道支線 






2009/7/25(雨のち曇り)
市場池  
亀岡街道(直進)から市場街道は右へ
街道はこのあとすぐ府道14号大阪高槻京都線を越えるとコカコーラボトリングの工場に突き当たり旧道は消えている。
山田川に出て川沿いに進むとやがて広大なJR吹田操車場跡に
JR吹田操車場跡(ここから先JR敷地内は関係者以外立ち入り禁止)

大正12年にでき、その後拡張を続け昭和18年には1日8000両の貨車取り扱い能力を持つ東洋一の操車場となったが道路貨物輸送が主流になり貨物輸送の減少に伴い昭和59年に廃止
その後梅田貨物駅の移転先と半分少々は街づくり用地として計画されている
東へ山田川を渡り千里丘4丁目と千里丘東五丁目を結ぶ地下道を通る

車道と歩道が分かれているがかなり狭い。車は交互信号ながら歩道も車道も幅いっぱい
 
操車場の反対側
この辺りで幅260m
右手(西)は阪急正雀工場  
正雀
阪急京都線の踏切を渡り1キロ以上直線道路が続く
条里制の名残でこの辺りは直角に交わる直線の道が多い
茨木あたりは正東西南北の条理の跡が見られるが摂津市の資料によれば北西に33度傾いている

安威川橋

東(安威川上流)から堤上をきた乙辻街道と合流し、しばらく同じ道を進む
 
別府 浜町
安威川橋の南詰で旧道は左へ




2009/8/2(晴れ)
浜町
力士墓道標

「右すいた」
「大碇浅右衛門」
「左とりかい 世話人・・」

「右すいた」は吹田街道支線
「左とりかい」は市場街道
 
番田水路(井路)の朧ヶ小橋と鳥飼井路の朧ヶ橋

街道は橋を渡り左へ鳥飼井路の堤上
 
  右は乙辻街道へ


 
右側はJR貨物ターミナルと新幹線鳥飼基地

途中に摂津市の新幹線公園があり0系先頭車両とEF15120電気機関車が展示されている
 


鳥飼井路は新幹線基地の地下を越えていくが、元々井路の堤上にあった街道は、ない
来た道を中央環状線まで戻り新幹線基地の南側を廻って井路の出口まで行く
 
新在家へ
八幡宮
光蓮寺前の道標

「大坂道
 右江口吹田
左一津や
 
鳥飼八防
   藤森神社の手前から右に入り淀川堤へ向かう
市場街道の終点

淀川堤沿いの願正寺横で淀川右岸堤をきた高槻街道支線に合流し終点



   藤森神社
     
   
 藤森神社の鳥居と高槻街道支線
   
   
   
Top