磐船街道

   


「北河内郡枚方町大字岡なる國道第二號路線より起り、稍東南に進み牧野村川越村を過ぎ同村大字茄子作に於いて東高野街道と交叉し、磐船村大字私市和河國界より奈良縣生駒村に入りて清瀧街道に會合せり。延長三里壹町五十五間、路幅約壹間九分にして、地勢は起點より磐船村に至るの間は専天野川の堤塘に凴りて路面平坦なりと雖、同郡大字私市以南は概山地部に属し且渓流に沿へるを以って少許の屈曲あるを免れず。」(明治36年「大坂府誌」から)

 枚方市岡本町の「宗左の辻」で京街道から分かれ天野川に沿って奈良県生駒市北田原町で四条畷で東高野街道から分岐し清滝峠を越えてきた清滝街道に合流。ここから先、天野川に沿いやがて竜田川を下り斑鳩町竜田までは清滝街道となる。

 現在の国道168号線として車の交通量は多い




宗左の辻

京街道枚方宿にあり磐船街道の起点で角に文政九年の道標がある
京街道はここから手前へ磐船街道は正面の道


製油業を営む角野宗左の屋敷があったので「宗左の辻」と言われている
    


宗左の辻の道標

「右 くらしたき 是○四十三丁、左 京六リや王
(わ)た二リ 道」
「右 大坂ミち」
「瀧 文政九丙戌年十一月建之」(1826年)
「願主 大 和泉屋次右衛門 近江屋又兵衛 綿屋伊兵衛 小豆嶋屋勘右衛門」

くらじたき(倉治滝)とは天野川の支流である免除川上流の倉治公園(交野市)の上にある源氏の滝のこと
京阪電車の高架を越え、右の旧道をしばらく行くと星田へ向かう東枚方街道との分岐(枚方市大垣内町1)に道標がある

「すぐ 岩船街道」

「右 東枚方街道 星田停車場、
 すぐ 岩船街道大和道」

「明治三十七年一月建之 大阪府」

枚方市役所の前を過ぎ、やがて天野川の堤へ
その後天野川の左岸を進む
天野川の堤に上がると禁野橋

岩船街道は直進
ここから左へ橋を渡る道が京田辺への田邊街道


山之上東町で浜橋を渡り天野川右岸堤上の国道168号線を遡る

浜橋の少し上流で西(右)から藤田川が合流するが、かつての天野川は現在の藤田川の川筋を通り現合流地点から150m遡った地点で合流していた。
 そのため、街道も現在の浜橋を渡らず左岸沿いに進み旧合流地点手前で天野川を渡っていた。

申田川橋

免除川はかつては申田川となり北に流れ、現在の浜橋手前で北川に合流したあと天野川に合流しいたが、現在は郡津(こうづ)で天野川に注いでいる

 街道は歩道のない国道168号線をたどる

新天野川橋

 東高野街道と交差する
 八幡からきた東高野街道はここで橋を渡り茄子作、星田へ向かう
砂子(すだこ)坂の交差点を右に曲がると前川に架かる砂子橋の東詰に道標がある
「右 岩船街道 大和道 左 私部 倉治 津田道」
「左 岩船街道 枚方道」
「明治三十八年四月建之 大阪府」


(方向としては90度右に回っているのか?)

茄子作の東高野街道から逢合橋を渡り私部、倉治、津田へ向かう「山根街道」との辻にあたる
天野川の逢合橋手前で街道は南(左)へ
第2京阪道の建設中(枚方東IC~近畿道門真JCT間)
天野川右岸


街道はJR学研都市線の踏切を越える
このあと国道とは一旦分かれ旧道を私市へ
私市への旧道の角に立つ道標二基と石燈籠

珍しい六角の道標
「西 京ひらかた」
「南 いわふ祢道」(正面)
「東 かいかけ」
「地ぞうミち」
「ざいのミち」
「北 天保七年申正月建之」


手前の道標
「左 岩船街道」、「右岩船街道」
上の道標から南へ私市への旧道を行く
若宮神社

交野市私市6


私市の集落を抜け御幸橋を渡ると国道に合流する
しばらくは車の多いこの国道に付き合わなければ
天野川沿いの国道を進む
対岸には星田園地があり歩くには快適そうなハイキングコースが見えるが悲しいかな街道は国道側。歩道の無い道を車に脅えながら




「梅ノ木」の伝説と八幡宮石燈籠

「名勝磐船峡」への道
「神功皇后が三韓征伐の際この地に立ち寄り、食事の梅干の種が芽を出して立派に成長した」という伝説 ここから国道は大きく左へカーブし磐船トンネルへ向かうが右の谷に下る磐船峡への石柱(昭和16年))がある
かつては美しい渓谷で鮎返しの滝が有名であったようだが現在は通行不能になっている
磐船隋道
昔の地図では旧道はトンネル手前の山中を通っていたようだが今はないのか気がつかなかったのかでトンネルを抜ける

しかしこのトンネルの上には山が無い。電線はトンネルの上を越えているのに
川のヘアピンカーブ
これも何のためかよく分かりません
国道の新磐船トンネルの横に川のトンネル「天野川トンネル」
新国道から天野川を渡り旧国道へ
旧街道は天野川右岸(現新国道側)にあったらしいが不明
新トンネルができるまで磐船神社前のこの道が狭くて車では通りにくかった記憶がある


磐船神社

祭神 天照国照彦天火明櫛玉饒速日命(ニギハヤヒノミコト)
(磐船神社HP)


岩窟めぐり

御神体の磐座

神社のいぬさん







奈良県生駒市

磐船神社からしばらくして国道へ合流し生駒市へ
天野川沿いに

橋を渡った赤いコーンの横に道標がある
生駒市北田原町
天野川の支流穴虫川の磐船街道と清滝街道の合流点の道標
(方向は180度逆?)


橋を渡っていくと清滝街道として斑鳩町竜田へ続く

TOPへ

清滝街道として竜田(斑鳩町)へ