井関越街道

阪南市尾崎町で孝子越街道から分かれ井関峠を越え和歌山市直川で上淡路街道に接続する街道

尾崎→黒田→石田→桑畑→井関峠→直川



大阪府誌(明治36年)から
一等補助里道 井関越街道
起点地名 泉南郡東鳥取村大字畑管轄界
経過地名 泉南郡東鳥取村、尾崎村
終点地名 泉南郡尾崎村假定縣道孝子越街道







 尾崎

 
街道は尾崎町を通る孝子越街道(浜街道)から始まる 
 尾崎の町並み

右は西本願寺尾崎別院
  尾崎神社   浪花正宗の浪花酒造  
       
 
 

南海電車の踏切を渡り下出へ

 
  道なりに進んで行くとやがて 信長街道に突き当たる  
  国道26号線を越え石田に入る   
   祐道寺 

浄土宗知恩院末寺

境内にある天神山から移された男女二体の道祖神
 
   波太神社 

鳥取氏の祖神角凝命をを畑(桑畑)に祭ったことから「波太」の名がつく
正確な創建は不明であるが延喜式に「鳥取荘の総社」との記載があり
 
     街道は井関川に沿って登っていく  
   
   
 
   
   
   桑畑地区

元は畑村と言われたが江戸初期に桑を植えたことから桑畑と呼ばれるようになった
 
       
  桑畑を離れると山が深くなっていく   
       
  鳥取池(鳥取ダム)

 「戦時中の昭和19(1944)年に着工し、昭和23(1948)年に完成していて、戦中戦後の資材不足の時に築造されたため、昭和27(1952)年の豪雨により決壊し深刻な被害をもたらした。その後、農業用ダムとして復旧工事が行なわれ、昭和33(1958)年に完成した」(阪南市HPから)
 
    紀泉高原国有林案内板
(林野庁)
 
   
井関峠
 
  峠から少し下ったところにある「井関越道中安全地蔵」   
  途中に湧き出している「大福の名水」   墓の谷への橋  
  千手川に架かる橋を渡り墓の谷を登っていくと役の行者堂があり、
「右 いせき道」
「南無妙法蓮華経十方法界」
「右 はかの谷江十八丁」 
(明治二年)の道標がある
 
  牛神天神
祠の中には牛の置物が数多く祀られている 
 
「すぐ はかのたに いせき道」

奥畑の道沿いに立つ明治7年の道標
 
小川地蔵尊
   
出世不動尊
 
  千手川沿いに下っていく   左へ山裾に沿って旧道に入る
     
 
     
  上人山遺跡にある名号石
 

直川
 
 
六十谷、紀ノ川方面
本恵寺への橋   
  大福山 本恵寺

役小角を開基とする真言密教の霊場であったが後に禅宗となりその後、天和3年(1683)日蓮宗に改宗
直川観音とも呼ばれ千手千眼観音は大宝2年(702)に役行者の作と伝えられている
 
  旧道はJR阪和線の踏切を越えしばらくして上淡路街道に合流   
   
   
 

 
  もう一方、千手川沿いに下って行くと JRのガードを越えたところで上淡路街道に合流  
   

   
 
       
  TOPへ