亀岡街道
高麗橋
天神橋
長柄橋
下新庄
吹 田
岸 部
宇野辺
中河原
泉 原
垂水峠
木 代
余 野
西国街道
西国街道
亀  岡
大 岩
高槻街道
清阪街道
福 井
清阪峠
佐 保
佐保クルス山
             亀岡街道 (明治36年「大阪府誌」から)
「本街道は能勢街道と概その首尾を同うし、専摂津の東北部を拘聯し丹波亀岡町に通ずるものとす。起點は大阪市東區高麗橋々詰町に於ける暗越奈良街道より岐かれ天神橋筋を一直線に西成郡豊崎村大字長柄に出で中津川を渡り淀川西堤防に據ること約二千五百間にして同郡新庄村に入り、又、神崎川南堤防に據ること百間にして北堤三島郡吹田村に移り鐡道線路を横断し同郡岸部村、味舌村、山田村を過ぎ三宅村大字宇ノ邊に於いて高槻街道を分派し、北進して春日村に入り三島村大字西河原(中河原?)に於いて國道三號路線に合すること五十余間、更に岐かれて福井村に至り佐保川の流に沿ひ清渓村大字佐保の高臺に出で、字馬場、庄之本等の潤壑を横ぎり断崖絶壁の間の谿流を溯りて同村大字泉原に出で、東泉原川に沿ひ國見山の東山麓を迂回して字萩の阪に出で字桶藤より見山村に入り垂水峠山脚の最低部を通過し音羽「ヲサイト」の寒村を経て豊能郡東能勢村大字木代に入り同村余野に於いて池田より来たる余野街道を併せ摂丹両國々界より京都府南桑田郡に通ぜり。管内に於ける延長八里二十三町十六間、幅員約一間乃至二間にして地勢は大阪市以北吹田村間は概田圃若くは堤塘に據れるを以って稍平坦に、吹田村より福井村に至るの間は多少の屈曲ありといへども平夷にして本線中最良の部分に属せり。福井村以北豊能郡東能勢村に至るの間は明治二十五年の開鑿に係り、同年以前に在りては現在の清阪街道を順路とし石川村大字大岩に至るの間は、國見峠、神阪等の険巉の在るありて、行程僅々一里に足らざれども高低の差四百五十尺以上に上り、到底重荷の運搬に適さざるを以って此の迂回線を畫して釈然其の難渋を融開せり。而して大岩以北亦垂水峠の難関あり、桶藤を抜くこと五百尺にして勾配六分の一を越ゆるを以って同時に新線を開き木代に於いて舊道に会するものとし、舊道に比して約五百七十余間を延長すれどもこれを舊道の急峻なるに較ぶれば運輸j交通の便否固より宵壌の差ありとす。」
余野街道
東別院
寄り道
法 貴