河内街道TOPへ

河内街道1へ

河内街道2へ

河内街道4へ

河内街道3(東大阪)

加納(東大阪市)

加納7丁目で東大阪市に入り、加納2丁目で河内街道に合流するものの、旧道はまたすぐに左折し宇波神社へ向かう
河内街道に合流 宇波神社(加納2丁目)
東大阪市案内板
加納2丁目
おかげ燈篭 「おかげ燈篭と河内街道」(東大阪市案内板)


正面「大峯三十三度 右生駒山道」、東面「左り大坂八尾平野道」、西面「左り西京 八はた すみの堂」(明治12年)


川田~吉原
北宮小学校前(川田2丁目)
盾津宇治縣神社 栗原神社
六郷井路(吉原一丁目)
(旧道)

西光寺横の道標

河内街道に架かる長者大橋(五箇井路)

古箕輪橋(六郷井路)
かつては、大阪天満から寝屋川を通り、徳庵で乗り換え六郷井路に入り、長者橋まで乗合船の定期便があった(東大阪市)


菱屋

吉原から角田を通り高倉墓地の中を抜けると阪神高速東大阪線の高架をくぐる。その後しばらくは旧道は確認できない。
途中、仲村神社を過ぎ菱江口で府道を渡り斜めに旧道をたどるとやがて暗越奈良街道に突き当たる。
疱瘡に霊験あるといわれる仲村神社(菱江2)
奈良街道に当たり右へしばらく奈良街道を進む
菱屋東2丁目の地蔵堂
地蔵は道標を兼ねている
「右ならみち」(享保11年)

八劒神社と境内にある三本の道標
向かって右の道標
「右大坂」、「おかげ左りならいせ」(天保2年)
真中
「右(ひょうたん)山」、「左大坂」(明治2年)

右端の道標
「右鳴川山千光寺役行者道」、「ここより九十丁」
河内街道と奈良街道との辻に対角線上に建っている道標2基
東面「すぐ大坂、右枚方、左八尾」
南面「すぐ八尾、右大坂、左奈良」
北面「すぐ枚方、右奈良、左大坂」
西面「右八幡、左枚方、すぐ奈良」
「暗越奈良街道と河内街道」東大阪市の案内板 「すぐ石切瓢箪山奈良、左住道四条畷」(明治45年大阪府)




岩田~若江

奈良街道と河内街道の辻をさらに西へ進み、国道に出る手前を左に曲がる。しばらく行くと岩田墓地が右手にある。岩田墓地は奈良時代行基が開いた河内七墓(長瀬、岩田、額田(以上東大阪市)、神立、垣内、恩智、晒(以上八尾市))のひとつ。
その後、旧道は河内街道に合流していく


 
正面の河内街道に合流 石田家住宅(岩田町1)
江戸中期の享保元年(1716)に建築され、享保13年の申年に瓦製の高さ約30センチのサル二匹を大屋根に据え付け現在に至るという。「悪魔が去る」という意味で置かれたものでサルは住吉大社の方角を向いている。(東大阪市案内板から)


鏡神社 鏡神社のすぐ南の十三越街道との角に建つ道標
「すぐ八尾道」、「左大坂道」、「右十三越道」(享保3年)
上の道標の対面にある折れた道標?
「・・・山・・・」不明


河内街道4(八尾市へ)