北八尾街道


「明治36年 大阪府誌」

起點地名
東成郡南新開荘村大字大今里假定縣道暗越奈良街道

経過地名
東成郡南新開荘村、小路村、中河内郡布施村、長瀬村、久寶寺村、八尾村

終點地名
中河内郡八尾村大字大信寺新田假定縣道八尾街道

里稱
四里 三五町

より大きな地図で 北八尾街道 を表示

大今里(東成区)
北八尾街道の起(終)点
暗越奈良街道と北八尾街道との分岐の常夜燈型道標

文化三(1806)年

「元々東へ約20メートル先の暗越奈良街道と北八尾街道との分岐点に建っていたが、道路(大阪枚岡奈良線)の拡幅とともにこの地に移され向きが変わった」(大阪市)
「右 きしのだう 久ハんぜをん 八尾 志ぎさん久宝寺 道」
(「きしのだう久ハんぜおん」とは岸田堂にかつてあった「長楽寺」のこと)
「ひだり なら いせ 道」
「旹文化三年丙寅孟春 施主江戸積釘問屋」
片江七福橋が平野川分水路を斜めに渡っていく

(平野川分水路は昭和に入ってから開鑿された)

近鉄(奈良線・大阪線)今里駅のすぐ東
片江
(現生野区小路1丁目)

地蔵尊と不動明王が祀られている
小路小学校沿いに進むと小学校の裏手に清見原神社がある 清見原神社公式HP(御由緒)

腹見
現在の小路東付近
西から俊徳街道が合流
俊徳街道は直進
北八尾街道は右手(一方通行標識方向)






岸田堂(東大阪市

左の祠の垣のところに
「長楽寺跡」の説明板
(東大阪市)
岸田堂南町
旧道は一部途切れている

北蛇草
北蛇草(ハグサ)
(現在は「寿町」)
JRおおさか東線の長瀬駅のすぐ南を越える

旧道は左右に分岐
左は吉松から長瀬川沿い
右は柏田、衣摺、大蓮経由で長瀬川堤へ

左へ進む
西へ進み長瀬川へ向かう

やがて長瀬川に架かる吉松北橋へ
長瀬川左岸に沿って東南方向へ大信寺へ向かう
長瀬川はかつての大和川本流であったが元禄17(1704)年大和川付け替え工事後は川幅が狭くなり旧河床に新田が開発された。
長瀬神社(東大阪市衣摺1) 

(神社由緒書)
「明治22年の市町村施工(行?)に際し現在の大蓮、衣摺、柏田、吉松、長瀬町、渋川町、寿町、俊徳町、横沼町を併せて一村とし長瀬村と称することとなりました。当時それぞれの地区には産土神(氏神)として白山神社(大蓮)衣摺神社(衣摺)白山神社〔柏田)龍華神社(吉松)波牟古曽神社(長瀬町)蛇斬神社(寿町・渋川町・俊徳町)天神社(横沼)天神社(柏田)等の神社がお祀りされていました。しかし明治の末期に一村一社とする神社合併合祀の機運が高まり長瀬村でも前期の各神社を合併することになりこの土地に新しく長瀬神社として合祀されました。合併各神社の由緒は不明ですが波牟古曽神社は式内社の社格でありました。
御祭神
伊弉諾尊、伊弉册尊、天照皇大神、素盞鳴命、保食大神、少彦名命、菊理姫命、品陀和気命、菅原道真公」
一旦長瀬駅付近まで戻り
長瀬駅南のJR高架を越えたところの分岐を右へとり柏田へ


柏田
柏田

常福寺前


衣摺
光泉寺の角地蔵堂がありその前に「衣摺顕彰之碑」が建てられている
衣摺3丁目

平野へ通じる街道との辻に地蔵堂と道標

「すぐ」の下がほとんど埋没し見えませんが資料によると( )内を示してしるようです

「東 すぐ ・・・」(志ぎ山)
「南 すぐ ・・・」(ひらの)
「北 すぐ玉・・」(玉津くり)
「西 すぐ ・・・」(天王寺)
地蔵堂の横にある
東大阪市教育委員会の説明板「八尾街道・御本山道・衣摺」


大蓮
「大蓮」はもと「おばつじ」と呼ばれていたが現在は「おおはす」
「右 大坂 天王寺道」
「左 八尾 久寶寺 信貴山道」

西面と南面は壁の中

左の写真では生垣の左端板壁の間


再び長瀬川へ合流
長瀬川沿いに八尾へ
中央環状線、近畿自動車道の下を越えたあたりで長瀬川右岸に
旭橋


(八尾市)
八尾浜と久宝寺船着き場」(八尾市教育委員会)
大信寺

八尾街道に合流(終点)

常夜燈と彫の深い道標
南面「すぐ玉造道 願主・・・」
西面「右かしわら国分 すぐ信貴山道 ・・・」
北面「左信貴山道」
東面「右大坂道 すぐひらの天王寺」


ページTOPへ