木津川海港路線


明治36年「大阪府誌」から

「木津川海港路線

 大阪市東區平野町四丁目に於ける安治川海口(港?)路線より起り、心斎橋、戎橋を渡りて南海鐡道難波停車場に出で、同鐵道線路と並行し南區西関屋町廣田町を過ぎ恵美須町四丁目に至り西に鐵道線路を横断し敷津町北島町を経て同區木津町材木置場木津川左岸に達して終はる。延長壹里二十壹町十七間、幅員約二間四分を保ち、安治川海港路線と等しく水陸交通の要路にして、其の大部は市内屈指の繁盛地に属せるを以って常に肩摩轂撃の状あり。」

より大きな地図で 木津川海港路線 を表示
起点

大阪市中央区平野町
起点となる「東區平野町四丁目」は現在では「中央区平野町3丁目」にあたる御堂筋のひとつ東の筋
東西は「安治川海港路線」で「木津川海港路線」はここから南へ分岐する

備後町付近

中央大通り、船場センタービル手前

明治42(1909)年に架けかえられた心斎橋
長堀通りに残された「心斎橋」


「長堀川」は元和8(1622)年開削、東横堀川から分流し西へ、西横堀川と四ツ橋で交差、さらに西へ木津川へ合流
この辺りは昭和37年ごろ埋立てられ「長堀通り」となった

戎橋

道頓堀川に架かる橋

この先の今宮戎神社への参詣道であったことから名付けられたよう

現在の橋は平成19(2007)年に架けかえられた
道頓堀

派手な賑やかさ

一筋東の法善寺の水掛不動尊



大阪市浪速区へ
難波 高島屋前

南海のターミナル駅

南海電車線路の東側に沿ってさらに南へ

廣田神社

(浪速区日本橋西2)

「アカエの話」(廣田神社)

今宮戎神社

(浪速区恵美須西1)
神社由緒書
「今宮戎神社 御祭神 天照皇大神、事代主命、素戔鳴尊、月読尊、稚日女尊 由緒 当社は推古天皇の御宇御鎮座以来市場鎮護の社と広く崇敬され特に大阪が近世商工業都市に発展するに伴い其の唯一の守護神として親しまれ社運も亦興隆したのであります。なかでも例祭は俗に十日戎と呼ばれ江戸時代からすでに大阪年中行事の一つに挙げられており今日に到も尚変わりなく愈々盛大になっています。」
今宮戎神社の東南角を右折

南海高野線(なぜか本線には駅がない)の今宮駅を越え西へ向かう

敷津松之宮

本殿は素戔鳴尊を祀る。
神功皇后が三韓平定後、敷津浦を航海されたとき、敷津浜に荒波が打ち寄せるのをのを見られ、これ以上汐が満ちないようにと松の木を三本植え、素戔鳴尊を祀り航海の安全を祈られたため「松之宮」と呼ばれた。
   
境内摂社として「大國主神社」があり、1744年に敷津松の宮境内に大国主神社が勧進された。主神よりむしろ大黒さんの方が有名に。
境内に建つ木津勘助の像

(銅像の横にある説明板)
「木津勘助 江戸時代の人、本名・中村勘助義久、相模国(神奈川県)足柄山に生る
青年の頃より豊臣家に仕え、木津川の開拓工事に尽力し大阪繁栄の基ともなる水運の便と堤防を強化して洪水の害を防ぐなど、その功績は高く評価されている。この銅像はその活躍ぶりを示し右手に設計図を持ち手甲脚絆の威勢のよい姿で、遠く木津川を望んでいる。又、木津の勘助さんを有名にしたのは寛永十六年、近畿一円実らず、大飢饉にみまわれ、窮民を救うため官倉を破りて米俵を振舞い民衆をたすけ「官、特に死一等ヲ減ジ葦島(大正区三軒屋勘助島)に流ス」とある。義侠の精神は萬古に云う。といえるのではないだろうか。」




大国3

JR関西本線の上を越える

JR芦原橋駅手前
塩草2で左折

すぐにまた右折し西へ

JR大阪環状線芦原駅
そのまま直進し
芦原駅の下を越え阪神高速堺線を越え南海高野線の踏切を越える

汐見橋から来る南海高野線

琴江橋あと
南海高野線の踏切を越えたところに「琴江橋跡」の碑とおそらく琴江橋の親柱がある。

かつては十三間堀川と七瀬川の合流地点に架かる橋であった
七瀬川は昭和29年頃埋立てられ、十三間堀川は昭和45年の阪神高速堺線の建設に伴い埋立てられた
白木神社
「白蛇宇賀神倉稲魂神として人々の生活保護の神となり・・・」(御由緒から))
木津川と七瀬川に囲まれた半円状の土地(その北半分は市立栄小学校)が「材木置場」といわれたところ
終点(木津川)
この正面が木津川で昭和57年までは「難波島渡し」があり対岸の難波島(現大正区三軒家東)と結んでいた




木津川水門
落合上渡船場
大阪市が運行
15分おきに対岸の大正区千島を


ページTOPへ