粉河街道支線
     
粉河街道は貝塚の脇浜で紀州街道から別れ土丸から樫井川に沿って進み粉河へ至るが、粉河街道支線は泉佐野で孝子越街道から別れ土丸で粉河街道に合流する。

一等補助里道  粉河街道支線

 起点地名  泉南郡大土村大字土丸假定縣道粉河街道
 経過地名  泉南郡大土村、日根野村、佐野村
   終点地名  泉南郡佐野村假定縣道孝子越街道 」 

(明治36年大阪府誌から) 

地元佐野では犬鳴山七宝瀧寺(犬鳴不動)への参拝道であり「犬鳴街道」と呼ばれている

(この度歩いたのは、佐野から土丸への逆コース)

 
より大きな地図で 粉河街道支線 を表示






佐野(泉佐野市)
孝子越街道上善寺前

粉河街道支線の起点(終点)
泉佐野の孝子越街道から東へ街道は始まる。その角に道標型の地蔵が祀られている「右 大川 すぐ犬鳴」
元は街道沿いの上善寺の壁の中にあったが、道の拡張によりこの場所に移設されたようで今の場所では指す方向が異なる
上善寺
栄町から大宮町
南海本線を越え上町へ
第2阪和国道(国道26号線)を越える

市場

市場で小栗街道(熊野街道)に合流
市場集落内をしばらく並行

この先左手へ分かれる角に道標

市場西の道標
「すぐ和歌山道」、「(左指差し)ふどうみち」、「右さのみち」、「明治三十八年三月」(「ふどう」とは犬鳴不動)
この角を左折する
昔ながらのタオル工場があったりその先には石標が立っている
市場西1-7
何でしょうか? 正面、左面、裏面は文字らしきものは見当たらない?
右面下部に「佐野信高氏・・・ 寶暦三癸酉・・」

俵屋
畑の多い街道の先に突然場違いな建物が
(「ラヴィーナマリエール」という結婚式場)
その手前に地蔵堂があり道標型のようですが幕で隠れて見えません


野々地蔵

浄土宗 望洋山 地蔵寺
向って左が地蔵堂

野々地蔵の地名はここからきてるのか

貝ノ池(平成元年、池の半分埋がめ立てられた)の以前の池畔にある小さな森のなかに祀られている牛神さん
野々地蔵老人クラブ前の三基の石燈籠


向って
左「惣氏神」
中「太神宮」
右「?」
三基とも「文政六癸未三月建之」


府道30号大阪和泉泉南線を越え、JR阪和線の踏切を越える

日根野


日根野駅前にある
泉佐野市の説明板


←日根野駅前
白水池跡
西上寺前の石灯籠とその間に挟まれた道標地蔵
石灯籠の間の地蔵
(手の持ち物から見ると聖観音?)

「右 ひねのねころ」(日根野・根来)
「左 おふきこかわ」(大木・粉河)

石灯籠
左は「惣氏神」
右は「太神宮」
いずれも「安政二乙卯五月吉日」
石燈籠の横にある地蔵堂
浄土宗 無量山摂取院 西上寺
北庄司診療所(小児科内科)とその向かい側ぼ二基の石燈籠
左は粉河街道東支線に続く道



久ノ木
惣福寺鎮守天満宮本殿
国の重要文化財
天正4年(1576)創建

東上



右の石標は「井川」に架かる「大井関橋」の橋柱(明治11年)
慈眼院(右)への分岐に地蔵の道標

慈眼院

日根神社の神宮寺であったもの。白鳳2年(673)開創の古刹。

慈眼院境内を流れる「井川(ゆかわ)」
樫井川の水を土丸で取水し、十二谷池へ送る重要な水路。
多宝塔(国宝)
日本三名塔と言われる

金堂(重要文化財)

日根神社
大井関社とも呼ばれた日根荘全体の神社
本殿
現在の本殿は天正年間兵火に焼失したものを豊臣秀頼が再建したものと言われている

末社比売神社本殿

樫井川 ろじ渓

街道に戻る

土丸へ

粉河街道に合流(終点)
両側に地蔵
どちらも道標
「右さのみち 左新大師」 「右かいづか 左さの」
 

TOPへ