小阪街道2 小阪街道3



小阪街道


小阪街道Map


大阪府誌(明治36年)から

 種類    一等補助里道
 名称    小阪街道
 起點地名 北河内郡庭窪村大字佐太國道第二號路線
 経過地名 北河内郡庭窪村、門真村、古宮村」、諸堤村、今津村、
        中河内郡北江村、楠根村、意岐部村、小阪村、
        彌刀村、八尾村
 終點地名 中河内郡八尾村大字八尾假定縣道河内街道
 里稱    四里一八町


門真あたりでは「徳庵道」と呼ばれている
 



小阪街道1
(佐太(守口市)または仁和寺(寝屋川市)〜稗島(門真市)

小阪街道 起点(佐太)
もう一つの起点と言えるのが仁和寺(寝屋川市)・・・・明治後期、仁和寺は九箇庄村にあたる
起点が「北河内郡庭窪村大字佐太國道第二號路線」とあることから現在の守口市佐太西町の淀川堤上「京街道」

「佐太第一水防倉庫」の横に階段がありその先には佐太天神宮の鳥居が見える

現在の国道1号線に出る手前に「淀川筋佐太渡船場」の石柱がある
右面には「出水十二尺以上暴風雨渡舩止」とある
佐太の渡しは対岸の摂津側では鳥飼西と佐太を結ぶ「願正寺の渡し」にあたる(「願正寺の渡し」は大正中期にやや上流の「鳥飼の渡し」に統合され昭和50年までつづいた)
佐太天満宮
(守口市佐太中町7)
鳥居の前の石灯籠の横に道標
正(西)面 「佐太天満宮 一丁半」
南 面 「(指さし)野ざき 七十丁、ほしだ 二リ、くらじ瀧 七十丁」
北 面 「もり口 一リ、京は(者)し 三里」
裏(東)面 「万延元申歳」(1860)

(「佐太天満宮一丁半」とあるので元は淀川堤の京街道上にあったのでは?)
「佐太天神宮」(守口市教育委員会の説明板から)

「この神社は、菅原道真公が左遷で大宰府へ流される途中、荘園であった当地に滞在された時、自作の木造や自画像を残されたと伝えられます。道真公の死後五十年の天暦年間(九四七〜九五七)に、道真公を慕って祠を建てられたのが当社の創建であると伝えられ、室町期には大庭庄の惣社として崇敬されるようになりました。現在の社殿は永井尚政・尚庸父子や淀屋辰五郎等の手厚い保護や支援を受けて整備され、江戸時代初期の重要な建造物と言われています。・・・・昭和六十三年三月 守口市教育委員会」

来迎寺(佐太中町7)
 (来迎寺山主による説明板から)

 「浄土宗 来迎寺 
 当寺は紫雲山聖聚院来迎寺と号し誠阿実尊上人が正平二年(一三四七)に現在の本市来迎町に来迎堂を建立したことにはじまります。この頃後村上天皇の帰依をうけ、後村上天皇勅願所となりました。その後二十六回の移転を経て延宝六年(一六七八)よりこの地に定着しました
 清和天皇の貞観元年(八五九)に奈良大安寺の行教上人が宇佐八幡宮に詣で、国家の安全を祈念されたとき感得された天筆如来(阿弥陀三尊来迎図)をご本尊としております。
 宗派は現在浄土宗ですが、かつては摂河和城四ヶ国に末寺を六十余箇寺を擁する大念仏宗佐太派の本山でした。
(中略)
 また、寺庭の石像十三重塔は大阪府指定有形文化財となっています。
 平成二十年十月 紫雲山 来迎寺 山主」

 
佐太天神宮と来迎寺の間の道を東へ進む
宮垣内

守口市(旧庭窪村)と寝屋川市(旧九箇庄村)の境界線に沿って進み宮垣内の辻で仁和寺からの道に合流。
ここを右折し、さらに両市の境界線上(守口市金田町と寝屋川市黒原城内町)を進む

またこの辻から東へ向かう「交野街道」の起点


式内 津嶋部神社
(守口市金田町6)
守口市教育委員会の説明板から
「この神社は、延喜五年(九〇五)から延長五年(九二七)にかけ作成された延喜式神名帳に記載されている茨田郡五座の一つとして由緒ある神社であります。
祭神は、津嶋女大神・素戔嗚尊・菅原道真公で、もと大窪庄の金田村・北村・梶村・東村・藤田村の五か村と、現寝屋川市に属する黒原村・対馬江村の計七か村の氏神であります。
 元和元年(一六一五)五月大坂夏の陣の兵火で社殿が炎上したと伝えられ、その後幾多の再興が行われてきましたが、元禄年間(一六八八〜七〇四)に再建された社殿は、現在の社殿と同規模で当地方においては最大規模を有しており、当時の隆盛がうかがえます。 平成二年三月 守口市教育委員会」
正立寺(寝屋川市黒原城内町)

門前の道標
「すぐ三井村本厳寺道」
「右 黒原村正立寺道」
(方向から見ると近くの辻から移設されたもの?)
三井村本厳寺は現在の寝屋川市美井元町の本厳寺


旧道はさらに元々の村境線であった水路に沿って現在の市境界を進むが途中一部は旧道は消滅
 守口市による「時空の道」案内柱


大久保
大久保中央公園と妙楽寺の間の道(大久保4)



旧中西家住宅(もりぐち歴史館) 大久保町4

中西家は弘治・元亀の頃(16世紀中頃)にこの地に移り住み、河内国大窪郷5か村(東・北・金田・藤田・梶村)を開いたといわれ、
その後、近世初期に尾張徳川家との姻戚関係を持ったことなどから、以降は幕末まで尾張藩大坂天満蔵屋敷奉行等の役職を
代々務めることとなった。 
(もりぐち歴史館見学者用説明書から)
平成10年、守口市の指定有形文化財に指定

守口ライオンズクラブによる説明板


入館料200円 月・火・水休館



藤田(とうだ)
藤田町に入る
浄土宗 極楽寺
切れぎれながら旧道の面影が微妙に残る路地をたどる








義民弥治右衛門碑 (昭和7年)
「弥治右衛門記念碑」(守口市教育委員会の説明板)
「旧大窪地区一帯は低地で、特に藤田村は、水はけが悪く、少しの雨でも池のように水がたまり、農作物に大きな被害を毎年のようにもたらしていました。
 慶安元年(一六四八)七月藤田村の小泉弥治右衛門は、村民の苦しみを取り除こうと、幕府の許可なしに古川筋に排水樋を設け水はけを良くしました。
 しかし、上下流地域から苦情が起こり、又幕府の命令を無視したとして、翌年三月二十二日樋の存続と引き替えに弥治右衛門一家は処刑され、家財・田畑も没収されました。
 村民たちは、村のため犠牲になった弥治右衛門を後世に伝えるべく、俗名を刻んだ道標をつくり、慕(墓?)碑がわりとし、また昭和七年には、この記念碑をも建立しました。 平成二年三月 守口市教育委員会」

弥治右衛門の墓碑がわりの道標
右面 「すぐ 佐田 京道 俗名為弥治右ヱ門」 正面  「すぐならいせ道」 左面 「すぐ 徳あん大坂道」
裏面  「すく 吹田中山道」



門真市


願得寺(真宗大谷派 門真市御堂町)

文明10年(1478)蓮如上人が真宗念仏道場を建て(古橋御坊)、その後、永禄年間(1558〜)実悟(蓮如上人第23子)が本願寺第十代証如上人よりこの地にあった古橋御坊を譲られ開基となった(「光明山願得寺由来」(記 住職第十七代清澤悟)から)

山門

本堂(寛文5(1665)年)

太鼓楼(国の登録有形文化財)

京阪電車本線の高架を越えると古川に架かる古川橋
守口から来た「守口街道」と交差する
明治43年に京阪電車が開通し線路に沿った新しい守口街道ができたことで古川橋は新街道に架かる橋となっているが、それまでの旧守口街道は願得寺の東南角を右折し南下、古川園(保育所)の先で小阪街道と合流した後古川を渡っていく


小阪街道はここからしばらくは古川の右岸を南へ

現在の古川橋(昭和7年)

古川橋駅前の「街角の再発見」(門真市管理)石碑から
「門真一帯は古代から沼地の多い低湿地で、古川は排水路の役目を果し、江戸時代には大坂市中と結ぶ舟便の交通幹線でした。かっては、古川筋で蓮根栽培も盛んで川舟で出荷されました。もとの古川橋あたりは京、大坂への道と清滝街道が交わる交通の要所で、料亭などの店が軒を並べ賑わいました。明治43年、京阪電車の開通で舟便も姿を消しました。」


守口街道は古川を渡る       
守口街道と合流し守口街道(旧)は左折し古川を渡る。小阪街道は直進。分岐点となる電柱の横に大阪府が明治38年に建てた道標 正(東)面「右 守口街道 守口 大阪道、左 徳庵 八尾道」
右(北)面「左 守口街道」
左(南)面「明治三十八年四月建之 大阪府」
古川橋変電所

「大同電力梶i関西電力の前身)が大正11年に竣工した当時、東洋一の出力を誇った変電所です。平成19年取り壊されましたが、昭和54年まで稼働し続けた建物は近代大坂発展に計り知れない役割をはたしたことでしょう。」(門真市HPから)
古川

一番
幣原兄弟の碑

門真市教育委員会の説明板

北島
古川の左岸 北島町の堤根神社御旅所前に建つ常夜燈型道標
(明治17年ではあるが柱部分は新しく作り直されたのものよう)

正(西)面 「柳谷 常夜燈 願力講」
右(南)面 「すぐ 柳谷 京」
左(北)面 「右 大阪  左 のさき なら」
裏(東)面 「明治十七年 申四月建之」

桑才
古川から右に分かれ桑才へ

稗島
稗島のくす

民家の中にあり樹齢400年、大阪府の天然記念物の指定を受けている

付近にある説明板によると
「この楠のある三庄橋付近は、明治末ごろまでは、古川筋の乗船場であり、大阪へ船で行く人たちも多く休憩所や船宿まであった。しかし京阪電鉄開通後は、しだいにさびれてしまった。」とのこと
稗島自治会館前の辻に建つ電灯の常夜燈型道標
正(東)面 「妙見宮 右 守口 吹田」
右(北)面 「左 なら 乃ざき」
左(南)面 「明治廿四年一月建之?」

台座「稗島 鵜飼講 世話人」

鵜飼講と妙見宮との関係は?
堤根神社鳥居前の道標

正(東)面 「右 さた ひらかた 京、左 とくあん やを 大坂 道」
右(北)面 「左 のさき すミのど・・、 すく とくあん ふしい寺・・・道」
左(南)面 「右 のさき すみのど 、すく さた
・・・」







.
 堤根神社(門真市稗島)
 門真市内には堤根神社が宮野町とこの社の二社ある

 小阪街道はこのあと近畿自動車道を越え焼野(大阪市鶴見区)から浜を通り徳庵へ向かう道と堤根神社前の道標のとおり神社前を南へ古川右岸沿いに進み浜(鶴見区)の茨田北交番前(道標有)で焼野からの道と合流し徳庵へ向うコースがある
 この度は焼野を通る
小阪街道2へ

Top