小阪街道1 小阪街道2



小阪街道3

(御厨〜小阪〜八尾)





御厨
長田から南へ進むとやがて暗越奈良街道に合流
右折し第二寝屋川(旧楠根川)を渡り御厨へ
御厨5丁目
「旧菱屋中顕彰碑」

大和川付け替え後に新田開発が行われ、この付近に菱屋新田会所が昭和30年ころまであった


「菱屋東・中・西新田と三井会所」(東大阪市説明板)
(左)「上田家住宅」

文化文政頃の貴重な民家で東大阪市の指定文化財

「文明開化の街御厨」、「御厨附近の暗越奈良街道」
(東大阪市「東大阪歴史の道」案内板)


御厨の馬頭観音道標

「左大坂」
「右 なら いせ」
(寛政4年(1792年))


この角を左折し南下





小阪

御厨栄町で暗越奈良街道から分かれ左折

しばらく進むと大阪商業大学前

谷岡記念館(大阪商業大学)
先代の木造校舎がS9年の室戸台風で倒壊したためS10年にコンクリート造りで完成

近鉄奈良線の高架下を越え下小阪へ

下小阪
金峯神社
小坂神社略記
御祭神 天水分神 國水分神 受鬘神
本地は古来若江郡に属し、北小坂村と称していたが、寛永十年(1633)正月、下小坂村と改称する。
 これより以前の天正二十年(1592)、十八軒の家がこの原野開拓に当り、水利至便、五穀豊穣を祈願する為当社を奉祀したのが起因である。水分(みくまり)とは水を配り与える、即ち灌漑を司る神の御名である。後に語言が変り「みくまり」が「みこもり」(身籠)となり更に「こもり」(籠)となり妊婦、安産、子授け神として世に「小坂こもり宮」と称し近郷の崇敬を集めた神社である。
 往昔境内に葦が密生しこれが皆片葉であり諸病に功ありと伝えられた。俗謡に「花の下坂名所が御座る、宮に片葉の葦御座る」と謡歌されたのは当社のことである。
 明治五年小坂神社と改称、昭和三年指定神社に登録、昭和二十一年宗教法人小坂神社と改め従来通り下小阪一円の氏神として奉祀し現在に至る。昭和五十二年十二月社殿奉建。
(以上神社境内の案内板から引用)

中小阪
彌榮神社

下小阪の小坂神社とほとんど背中合わせの位置にある


下、中、上小阪は旧大和川(現在は長瀬川)本流の右岸堤に沿って並んでいる

馬立
石造地蔵菩薩半跏像

鎌倉時代の彫法でつくられ大阪府の有形文化財指定

中小阪3
司馬遼太郎記念館

司馬遼太郎の自宅と安藤忠雄設計の記念館

上小阪
中小阪を過ぎ更に南へ進むと上小阪の八幡神社のとことで十三街道に合流

十三街道に合流 左角が八幡神社
上小阪

八坂神社

ここからしばらく十三街道と並行し東へ
宝持南で十三街道と別れ右折し南へ



近畿大学の校舎郡の間を抜けると友井(ここまでが東大阪市)
友井


八尾市に入る

穴太
穴太神社
古代氏族穴太氏一族の祖神を祭る産土神
間もなく近鉄大阪線の高架を越えると八尾へ

八尾

本町6

八尾天満宮
大信寺

八尾寺内町の
中心寺院
本町3丁目で河内街道に合流し小阪街道の終点となる

Top