箕面街道
箕面街道

 箕面は、古く役行者が修行の場として箕面大滝を中心とした箕面山を開き、瀧安寺や勝尾寺への参詣と瀧道の紅葉、大滝など名勝地として有名になり特に江戸時代あたりからは賑わっていたようです。
 明治43年(1910)に大阪梅田から箕面までの箕面有馬電気軌道(現阪急電鉄)の開業以前は、大阪方面から箕面へ行くには能勢街道を北上し、現豊中あたりから箕面街道を利用する経路が最短であったようです。

○明治36年大阪府誌によると
 種   類 一等補助里道
 名   称 箕面街道
 起點地名 豊能郡豊中村大字新免假定縣道能勢街道
 経過地名 豊能郡豊中村、桜井谷村、箕面村
 終點地名 豊能郡箕面村大字平尾勝尾寺街道
 里   稱 四里〇三町
 
○明治24年大阪府告示第四十五号では
 豊島郡中豊島村大字長興寺能勢街道より同郡箕面村大字平尾迄


 箕面街道の起点は古くは、①長興寺(現豊中市長興寺南)で能勢街道から分岐するものであったようですが、その後、明治後期には②新免(現豊中市本町)で能勢街道から分岐する道を起点としているようです。
 いずれも小路で合流し箕面の滝を経て勝尾寺へ向かい、東から来た勝尾寺街道に合流して終点となる。
現在の府道43号豊中亀岡線が概この街道に沿っている。


① 長興寺で能勢街道から分岐(旧起点)

旧箕面街道は天竺川と千里川の間の段丘上を北へ進み小路で(新)箕面街道に合流
分岐点の中央
にある道標

左は能勢街道
右は箕面街道

ここから右へ
「右 みのを 勝尾寺山こへ道」、「左 池田道」、「嘉永巳酉春 ○○講」(嘉永巳酉=嘉永2年=1849年)
長興寺の旧村内

御獅子塚古墳(前方後円墳)
桜塚(南桜塚、中桜塚町)辺りは桜塚古墳群で4世紀末~5世紀末の古墳が点在している

大塚古墳(円墳)

中桜塚5丁目、桜塚高校近くの街道の辻に役行者を彫った道標

正面「すくみの・・・」に従い直進
正面 「大峯山上 三十七度 すくみの カツを寺、熊野田村与左ゑ門」
右面 「すく桜塚尼ケ崎道」
左面 「すく柳谷京道 世話人講中」
裏面 「すく服(部?)大坂道」
北桜塚4丁目の辻の大峯講による道標

ここは岡町から来た勝尾寺街道との辻にあたる

「すぐみのを山・・」のとおりにすぐ(直進)

正面「大峯 (役行者倚像)すぐ みのを山 かつをう寺 道」
右面「すぐ いたみ 中山 ミち」
左面「すぐ 上新田 京 道 熊野田村世話人大峯講中」
裏面「すぐ 大坂 はつとり天神 道」
上野西3で新道から左へ分かれ、段丘上を進んできた街道は小路へ下っていく。

中国道・中央環状線の高架道路にあたる手前で新免(豊中市本町)からきた箕面街道が左から合流
その手前角に明治時代の道標
表面「大峯(役行者倚像)山上  右大阪 左熊野田 奉為二世安楽・・・」
裏面「明治廿五年五月 小路 阪本新右エ門」

かつての合流点は高速道路の高架下あたりと思われる

② 新免(現豊中市本町)起点
新免(現在の本町南交差点)で能勢街道から北へ分岐
右手の大池小学校を過ぎたところに昭和2年に建てられた道標がある
ここから約1キロ北東にある豊中中学と梅花女学校と箕面街道を示す道標(豊中中学は1921(大10)年設置された旧制中学校、現豊中高校、梅花女学校は1926(大15)年に豊中に移転してきた)

西面 「左 箕面街道 櫻井谷村 内田 小路 野畑 道」
南面 「右 豊中々 梅花女 学校道」
北面 「昭和二年三月 施主 櫻井谷村内田 溝淵豊吉」

真宗 法雲寺
新免
(現在の本町3~4丁目)


豊中稲荷神社


上野西2丁目~4丁目付近
段丘を下っていくと中国道、中央環状線にあたる。
 かつては、この先の中国道の中ほどで旧箕面街道と合流していたよう

内田 小路 野畑 (現在の桜の町~春日町)
内田(現桜の町6)
「高橋」で千里川を渡り小路(現桜の町5)へ
千里川から離れ野畑(現春日町)への坂を上がると
やがて報恩寺が見えてくる
報恩寺(春日町2)

浄土真宗本願寺派
玄関(右)は麻田藩主邸の表玄関の遺構と伝えられている


簠簋(ほーき)谷池を埋め立てて整備された野畑庭球場を回り込みさらに永楽荘の住宅街を進んで行くとやがて箕面市に入り牧落へ

牧落(箕面市)
西国街道との辻

旧札場と道標
小さい道標
「みのをみち」

大きい道標
「(指指し右)大坂 はつとり 天神 四リ 二リ 道」」
「存覚上人御舊跡 刀根山御坊 従是南十五丁」
(刀根山御坊とは豊島山 常楽寺)
街道を北へ間もなく左手に安養寺(天文3年(1534)創建、浄土真宗)。
その東に牧落八幡宮(寛文2年(1662)創建)
牧落集落を街道は
北へ

箕面

古く役行者により修行の場として開かれ、瀧安寺を中心として大滝までの瀧道沿いに多くの堂宇が建てられた箕面山。江戸時代以降は特に参詣と行楽を兼ねた名勝地として有名であった。その後、明治31年(1898)箕面公園(大阪府営)が設立され、さらに明治43年(1910)箕面動物園が箕面有馬電気軌道(現在の阪急電鉄)により設置された。現在の箕面スパーガーデン、大江戸温泉物語の一帯で、当時としては国内最大の規模であった。(大正5年(1916)閉園) 
旧街道は、阪急箕面駅の東を北上しやがて瀧道に至る。
みのおサンプラザの西南角は萱野と池田を結ぶ「呉服街道」との辻
旧道はまっすぐ北へ向い中ノ坂をのぼる

この西側には阪急箕面駅前のロータリー
「中ノ坂と道標」(箕面市教育委員会)
四大字水利組合による「大井堰」説明板
中ノ坂の途中にある
箕面山 聖天宮 西江寺(真言宗)

大聖歓喜天を祀る

西江寺HP

瀧道
箕面川に沿って箕面瀧へ

大黒天、弁財天を祀る
瀧安寺(本山修験宗)


瀧安寺HP)



これも修行?



箕面大滝 33m


大滝の左岸斜面をのぼり府道に出る
滝上

雄滝(これに対して大滝を雌滝という)

政の茶屋で東からきた勝尾寺街道に合流し箕面街道の終点となる
ページトップへ