中高野街道1へ

中高野街道2へ

中高野街道4へ

中高野街道3


平野区喜連

平野郷を流口から出て南に向かい喜連に入る
楯原神社(平野区喜連6)

祭神は武甕槌大神、大国主大神、孝元天皇、菅原道真、赤留姫命
境内摂社 十種神宝大神
如願寺
楯原神社の神宮寺で聖徳太子創建と伝えられ、弘法大師が再興したという


平野区瓜破
長居公園通(国道479号線)を渡る
街道沿いにある瓜破天神社
瓜破東5付近の町並み   
地蔵堂(瓜破東3)
敬正寺(瓜破東5) 
 
大化年間(7世紀中期)、道昭が創建の永楽寺を受け継ぐものという
                
敬正寺境内の石仏
大日如来石像(生駒山花崗岩製)、阿弥陀如来石像(二上山安山岩製)
平安時代後期作と推定され、大阪府有形文化財に指定されている
阪和貨物線を越える
久宝寺と杉本町を結ぶ旧貨物線
2004年7月から休線中
大和川に突き当たる
堤防下の地蔵
昭和29年に200メートル下流に「高野大橋」の新橋が架設されるまではここに橋があった


松原市
屯倉神社 (松原市三宅中4)
 
 屯倉神社ホームページ
屯倉神社付近の街道
阿保(あお)神社
「地名の由来は、平城天皇の第2皇子である阿保(あぼ)親王の別荘地からきたと言われています。」(松原市)
海泉池

「右 八尾信貴山、左 平野大阪」(明治16年)
長尾街道との辻                    

近鉄南大阪線の河内松原駅の踏切を過ぎすぐに旧道に入る
松原中学校前の水路
松原市新堂三丁目付近
新堂の道標
「すぐかうやよしの道、右平野大坂道、左さかい住よし道、天保五年」
松原市岡の松原南小学校前の中高野街道の案内
竹内街道との辻
北西の角に道標がある
「右ひらの大坂、左さやま三日市、かうや、左さかい」(寛政九年)

堺市へ