西高野街道


 「本道は堺市栄橋通り一丁目に於ける堺海港路線より起り、泉南郡舳松村にて竹之内街道と合すること二百七十間、更に左右に岐れ同郡西百舌鳥村、東百舌鳥村、陶器村等の諸村を過ぎ河泉國界なるさん山脚を横り、南河内郡三都村に入りて南に天野街道を分派し狭山池の西部に沿い長野村に至りて東高野街道を併せ、三日市村、加賀田村、天美村の諸村を點綴し紀見峠國界より和歌山縣伊都郡に通ぜり。
 管内の延長七里二十七町三十四間「にして幅員約二間を有し、地勢は堺市長野村間に於いては屈曲少なからずと雖その一半東陶器村に至るの間は概して平野に属し、其の以南亦近時改修を加へたるを以って敢えて難所を見ず、加ふるに近年高野鉄道の布設ありと雖未此の難所を通ぜざるを以って鉄道の便を籍らんとする重荷にして此の道に據るもの多しとす。
 三日市村以南紀見峠に至るの間、山岳巍峩として聳立し道路その嶮に攀じて昇降紆回するが故に全道殆坂路を以って充たされ、車馬の交通随ひて困難なるを免れず。
 然れども河内南部及び紀伊東部に於ける運輸交通は本道を取るもの少なからず、殊に春秋の佳節に際しては高野山参詣の道者は多く本街道に依れり。」(「大阪府誌」(明治36年)から)
@堺から中茶屋 A山本から河内長野





竹内街道
中百舌鳥
関茶屋
中茶屋
山 本
岩 室 下高野街道
茱萸木
楠 町 中高野街道
原 町
本町(河内長野市) ←東高野街道
高野街道へ続く