能勢街道1 能勢街道2 能勢街道3




能勢街道4
能勢町野間〜亀岡



大槌峠 野間稲地
野間の大けやき
国指定天然記念物
(説明板)


野間神社
 推古天皇13年(約1400年前)、大和布留宮(今の石上神宮)から奉遷し、故に布留宮ともいい、昔は官幣社の待遇をうけていた。延喜式内宮であって御祭神は饒速日命で、御靈代は命か頸に懸けさせられた勾玉。
能勢町教育委員会説明板
地黄
地黄の名は大和から多くの人が御靈代を供奉移住し来って地黄草(薬草)を栽培して生業とした為に、地黄村と言う
地黄城跡
慶長7年(1062)能勢頼次が丸山城から新城として築城
低い峠を越え倉垣へと下りていく
道標(倉垣) 倉垣の町並み
能勢の酒「秋鹿」
秋鹿酒造((有)
日本三大歌垣の歌垣山
吉野へ 吉野付近の風景






亀岡市


ひいらぎ峠

丹波と摂津の国境.

吉野の関跡(能勢町教育委員会)
時刻は16:40
山の日没は早い
篠山街道に合流
湯の花温泉
街道から南側 稗田野町佐伯
稗田野神社 明かりはたまに通る車と数少ない売店の明かりだけ
亀岡町道路元標
(亀岡市安町 京都銀行角)

左の道標「すぐ穴太寺」
亀山城祉前到着
(18:50)