西国街道 6 (箕面)

(小野原・・・今宮・・・西宿・・・萱野・・・牧落・・・半町・瀬川)



より大きな地図で 西国街道(山崎通) を表示



楠水龍王(箕面市小野原東)
 

楠水龍王道標
延元元年(1336)楠木正成が兵庫・湊川へと死を決意して出陣し途中、小庵で正成が大いにその冷たい井戸水を賞味したことから、この井戸は楠公の井戸と呼ばれるようになった

「左 京ふしみ道」(享和二年)



須賀神社の境内は春日神社の御旅所でもあり、神輿を置く台座がある




小野原西
勝尾寺表参道と大鳥居(箕面市粟生新家)
大鳥居の下の道標


「左勝尾寺二階堂道」
「自是山上惣門迄三十六町」

西宿の北向き地蔵


青面金剛(庚申塔)
北向き地蔵の横手にある

萱野


萱野三平旧邸





高札場跡

牧落

牧落で箕面街道と交差
高札場跡と2基の道標
「みのをみち」(享保五年) 「大坂 四里半 はっとり天神二里 道」



牧落八幡宮



半町・瀬川




半町(はんじょう)
半町本陣跡(箕面自動車教習所)

瀬川神社




箕面川