新堀街道
福島区の旧浄正橋から東へ向かい出入橋から左折北上し大阪駅に達する街道

 明治7年(1874)大阪駅開業に伴い貨物の水運の便を図るため明治10年(1877)、大阪駅から曾根崎川(蜆川)間に新たに掘割が開鑿され、明治11年(1878)堂島川まで延伸された。これは「堂島掘割」、「梅田入堀」と呼ばれたが、新たな掘割であることから「新堀」とも呼ばれていたようである。(明治15年の「改正新版大阪明細全図」では「明治十一年新堀」とある」)

明治36年「大阪府誌」から
「大阪市北區福島浄正橋北詰よりし東、同區曾根崎新地三丁目大阪停車場敷地界に至りて終はる。延長五町二間幅員約二間六分の短線路なれども、市内西南部より大阪停車場に交通するもの専本道に據るを以って、來往日夜織るが如く最樞要街路たり。」

GoogleMap

新堀街道起点の浄正橋北詰
現在の浄正橋は国道二号線となにわ筋との交差点が「浄正橋交差点」とされているが、元はそこから少し南の「上天神南」交差点がかつての曾根崎川(蜆川)跡で、そこに架かっていたのが浄正橋。現在当交差点の西南角に「浄正橋(跡?)」の碑が建てられている。
西から蜆川跡沿いに進みこの交差点で左折北上するのが「山田街道
かつての蜆川沿いに東へ進む
上天神南交差点
右の白いビルは朝日放送
福島一丁目付近から
正面はNTTデータのビル
浄祐寺
歌舞伎の「五大力恋緘(ごだいりきこいのふうじめ)」の基となった五大力之碑(墓)などがある
少し南の堂島川の田蓑橋まで行くと「蛸の松」の碑が建つ
蛸の松は堂島川対岸にあった枝振りが蛸の泳ぐ姿に似た銘木であったが明治末には枯れた
出入橋

この橋の西詰を北へ向かうのが「梅田街道
明治10年(1877)に開削された「梅田入堀」に架けられた橋。堀は昭和40年ごろに埋立てられ阪神高速道路が上を通るようになったが橋はそのまま残されている。現在に橋は昭和10年に完成したもの。石畳が残された貴重な橋。
国道2号線脇に残る「新出入橋」の親柱

明治44年の地図(實地踏測大阪市街全圖)には新しく道ができている

このあたりはかつての「曾根崎新地3丁目」にあたるので「大阪停車場敷地界」で新堀街道の終点

明治安田生命ビル
梅田入堀はこの辺りで東へ曲がり船溜まりになっていた
大阪駅へ向かう
初代の大阪駅は中央郵便局のあたり
現在(2代目以降)の大阪駅


ページTOPへ