下高野街道1 下高野街道2 下高野街道3







下高野街道 4


野遠〜八下〜小寺(堺市北区・東区・美原区)

野遠町に入り左折

八坂神社
野遠町

竹内街道との辻


小寺に入る

小寺の古い家並み

街道沿いの西方寺の門横にある地蔵堂

内の一体が道標型

小寺のはずれに建つ道標  「左大さか天王寺道」、「右かうや大みね道」、「すぐ富田林ふじゐ寺道」(天保9年)







大饗〜北余部〜南余部(堺市美原区)
小寺を離れ大饗(おおわい)まではまだ農村風景が残っている


大饗


八上小学校の角の地蔵
向かって左が道標を兼ねている
「すぐ大坂、東ふじいてらみち」、「西いずみ、南かうやみち」

(向きが反対)




阪和自動車道の下を越えると北余部(堺市美原区)に入る
阪和自動車道からしばらく歩いたところにある地蔵

「札場地蔵」高札場があった?

.富田林街道との辻(北余部)


旧道は右へ進む
角に地蔵堂があり
中央は「駒地蔵」となっているが道標かは不明
南余部
北野田・南野田(堺市東区)
野田橋で西除川を渡る

西除川は狭山池から大和川の我孫子大橋付近で合流する川
牛頭神社
南野田
池尻〜池之原(大阪狭山市)

街道は大阪狭山市池尻北に入り南海高野線狭山駅で線路を越える。


南海高野線を越えたところの池尻中で左の旧道をたどる
池尻中一丁目にある道標型地蔵
「右大さか、左かうや」
(享保14年)
   狭山池

街道は狭山池と狭山副池との間を進み西高野街道へ向かう

狭山副池

310号線を渡る手前の旧道沿いの道標を兼ねた地蔵

「法界 右さかい」
(文政11年)
旧道は竹薮の丘を越え岩室で西高野街道に合流していたと思われるが現在はゴルフ練習場とハイカラ村により分断されている。
西高野街道岩室側の合流点?


西高野街道の明治時代の新道を進む
西小学校付近
しばらく進むと狭山池に注ぐ三津屋川の三津屋橋に至る。
ここから川上に200メートルほど行くと「おわり坂」の旧西高野街道に合流

牛瀧地蔵尊


高野山へは西高野街道へ続く