高槻街道支線

 大阪市内から長柄橋を渡り淀川堤を進んできた亀岡街道が堤防から別れ北上していく地点の菅原(東淀川区)で高槻街道支線が分岐する。
 高槻街道支線は、さらに淀川に沿って進み、芥川が淀川に合流する地点で淀川に別れ芥川の堤を溯り、やがて高槻(城下六口のうち「大坂口」)に至り高槻街道に合流する。

 明治18年測量の地図では菅原から江口まで淀川右岸の堤防上が街道となっているが、明治後期の淀川大改修(明治18年の大洪水を契機とした改修で明治40年竣工)に伴う流路変更のためか菅原から江口までは大道村の中を通るルートとなっている。
 おおむね後の府道16号大阪高槻線にあたる


以下明治36年 「大阪府誌」から引用
種   類 一等補助里道
名   稱 高槻街道支線
起點地名 西成郡豊里村大字菅原假定縣道亀岡街道
経過地名 西成郡豊里村、新荘村、大道村、中島村、三島郡味生村、鳥飼村、三ケ牧村、如是村、大冠村、高槻村
終點地名 三島郡高槻村假定縣道高槻街道
里   稱 二里三三町



高槻街道支線 その1

(東淀川区菅原〜摂津市鳥飼)


菅原(東淀川区)
亀岡街道は淀川堤の赤川鉄橋を越えるとすぐに左へ堤を離れしばらくすると三叉路(菅原)
その正面に瑞光寺を示す道標と左手に大坂を示す道標がある。

正面の道標(電柱の左)
正面「左り ずいかうじ 観世音菩薩 大坂講中 (下部に)同吹田 江口」
左面「右 大坂」
右面「文政十二年 丑五月建之」


左手の道標
正面「右 大坂みち」
左面「左 大さかみち」
右面「左 すいた 江口 わたし」


ここを右に行くとすぐに「赤川の渡し」が淀川対岸の赤川とを結んでいたがこの道標にいう「わたし」は吹田の渡し(安威川)か江口の渡し(明治11年付替え前の神崎川)と思われる

明治30〜40年代の流路大改修前、淀川堤上を江口まで街道が通っていた時期はこの地点が起点か
(明治18年陸地測量部の地図では堤防上が街道となっている)
「淀川堤を行く」

亀岡街道の菅原、一柳家の門前に道標があり亀岡街道は左、江口へは右を指差している


 正面 「(右指差し)厄除安産 正観世音瑞光寺道 是余リ 十六町 同江口道」
 左面 「(左指差し)吹田 富田 茨木道」
 裏面 「すぐ大阪道」(「大阪」となっているので裏面は明治以降に彫られたのか?)
 右面 「天保・七丙申(年
)・・・」(1836年)

亀岡街道は左、高槻街道支線は右へ・・・・ここが起点

左 菅原3付近
右 新豊4
 三番村(現豊里6)からの道との辻
瑞光寺(東淀川区瑞光2丁目)

聖徳太子の創建と伝えられている
昭和20年(1945)6月の大空襲で本尊の十一面観音を除き焼失。昭和59年(1984)再建された
くじら橋で有名
瑞光寺雪鯨橋

宝暦6年(1756)、当時の住職が南紀太地の漁師から豊漁祈念を請われ祈願に応じたところ鯨が大漁となりお礼に鯨の骨などが贈られ、生き物を大切にするという祈りを込めてこの橋が作られたとのこと(東淀川区HPを参考)平成18年に6代目の橋に架けかえられている

鯨橋御詠歌(境内にあるS49年第5回架替記念碑から)
「諸人の願いを架くるくじら橋 直なる心渡し給わん」
街道に戻り旧道が一部消滅している辺りを迂回して進むとやがて大阪経済大学70周年記念館が見えてくる。この手前の角を右折し、その後何度か左折、右折が続く
大桐2丁目から3丁目付近
昔は「西大道村」
大澤寺と江口を示す道標
(大桐3)
「右 大どう村 大沢寺」 「左 江口」 「右 大坂」
東頭地蔵尊とさいの神(文化14年)
(大桐3)
大桐中学校手前
かつての用水路が埋立てられた「せせらぎの遊歩道」に「角頭橋」の親柱がのこされており、またそばには「乳牛牧跡」の碑がある

大阪市教育委員会による「乳牛牧跡」の説明板


この遊歩道が三千樋からの用水路本線から分岐した用水路支線跡
大隅神社手前の住宅の前に道標であったと思われる石柱の上部だけが見えている
埋もれているのか折れた上部だけなのかは不明
「右・・・・、左・・・・・」
大隅神社 (大桐5)

「1700年ほど前この大隅島に離宮を営んでおられた応神天皇が崩御の後、里人が帝の御徳を慕い神祠を建立したのが起源」とのこと(東淀川区HPから)
並んだ狛犬

大隅神社から西福寺前を通りしばらくして正面に淀川堤が見えてくる(大桐5)
三千水防倉庫の手前で淀川堤へ
三千樋

淀川大改修に伴い明治41年に竣工した用水路の樋

「長さ六十一尺三寸、内法口径四十三吋の鐡管三連の樋管を敷設」(S11年、大阪市役所水道部「西成普通水利組合誌」から)

※61尺3寸=約18.6m、43吋=約1.1m

西成普通水利組合所管水路図
昭和11年大阪市役所水道部「西成普通水利組合誌」から
「舊(旧)大道村外十三ヶ村普通水利組合
本組合の創立は淀川の改修が直接唯一の基因となっている。組合創立前の状況を見るに、単に神崎川以南及び舊中津川以北の地域は、淀川、神崎川、中津川の諸所に三十八個の樋門が散在し、何れも用水路を設けて之に依り灌漑の使命を果たしていたものである。」
「従来本組合は前述のとおり多くの樋門に依り用水を引用していたが、淀川改修工事に付帯して樹立された新設計に依り、引水場所を現在の大道町三千の樋管一ヵ所に改めた。」
「其の水路は樋を去る二百六十二間八分の地點に於いて左方に一水路を分岐し、本線は西に直下して北大道町より小松町の一部を過ぎ、再び大道村に入り、瑞光寺前より少し北に偏して西下し・・・・」
「本線の水路は大正六年十月一日淀川の大増水に依り、・・・・之が為めに本組合水路に大なる影響を生じ、遂に瑞光寺前より西へ一直線に東淀川區國次町字引江舊神社より一町上流までの水路を変更するの餘儀なき結果となった。」

用水路本線 跡

昭和3年4月の「三千橋」の親柱



江口
淀川堤を進み間もなく堤から左へ分岐する道があり左へは江口、道の左手下すぐに江口の君堂がある

この道は明治11年(1878)神崎川の付替え工事が行われるまでの神崎川旧河道(和気清麻呂が延暦年間に開削した淀川の放水路)の堤にあたる
普賢院寂光寺

江口の君堂として知られている

  寂光寺由緒(境内の由緒書きから)
題目塔の左面に遊女妙の歌、右面に西行法師の歌が刻まれている 君塚と西行塚

江口の君堂からしばらく旧堤防を進むと右にかつての江口の渡しへの道があり突き当たりは神崎川
「江口の渡し」がいつ廃止されたのかはよくわかりませんが大正14年(1925)の地図には記載があり、昭和3年(1928)の地図にはないので大正末期=昭和初期には廃止されたのか



一津屋(摂津市)
神崎川の始まり「一津屋樋門」
明治11年(1878)神崎川の直線化付け替え時には樋門はなく淀川と直接繋がっていたが淀川大改修に伴い締め切られた。明治38年(1905)初代樋門が設置され、その後昭和36年(1961)に現在の樋門が完成

その昔、淀川と神崎川は別の河川であったところが延暦4年(785)桓武天皇が長岡京遷都にあたり都と瀬戸内海との舟運のためにこの地から安威川へ北上する運河を開削
(続日本紀 延暦4年正月「遣使堀摂津国神下 梓江 鯵生野 通于三国川」)
神崎川を渡りすぐ、堤防上の道標
 
ここから乙辻街道が分岐

正面「右 一つや とりかへ 左 へふ ました いはらき 道」
右面「左 なから 大坂道」
左面「右 なから 大坂道」
裏面「慶応四(戌)辰年五月 天満市場 京屋興○○」(慶応4年は明治元年)
一津屋
淀川右岸堤に張り付いた細長い集落
味生(あじふ)神社 (一津屋2)

元は「鯵生神社」があり、延暦4年(785)桓武天皇(和気清麻呂)が淀川と安威川(神崎川)を直結するための「鯵生野(あじふの)」を開削した際、神社は三分割し移転されたといわれている。
その一つがこの「味生神社」

(あとの二社は別府1丁目の味府神社と新在家の味生神社(八幡神社))

神社の鳥居横に「宮ノ下渡し跡」の説明板

味生神社鳥居横にある摂津市立第6集会所(旧一津屋公会堂)

旧一津屋公会堂で大正2年(1913)芝居小屋として建てられたもので摂津市指定有形文化財第1号


誓源寺(浄土真宗本願寺派)の鐘楼(一津屋1)

「宝暦二年(1752)菩提供養のため松平家より藤原国次銘の梵鐘と袴腰付鐘楼が寄進された。その梵鐘は第二次大戦中に供出され現存しないが、鐘楼は当初のものである。」(門前の説明板から)
一津屋水防倉庫と藤森神社遥拝の二基の石灯篭
藤森神社はここから北東へ2Km弱


鳥飼(摂津市)
淀川右岸堤上を進む(鳥飼西付近)
願正寺(鳥飼西1)

この地方も蓮如の影響で開創した浄土真宗の寺院が多い

願正寺の渡しがかつてあったところ

また願正寺横(手前)の道は「市場街道」(山田下〜鳥飼西)の終点
やがて河原樋水防倉庫とその堤防下に石の鳥居が見えてくる
藤森神社の石の鳥居
鳥居の建立は「延享2年(1745年)米屋三郎兵衛安時」とある

写真左上部の森が藤森神社

かつてこの辺りには「鳥飼の渡し」があり昭和50年まで存続した(鳥居の左手に「鳥飼(養)の渡し跡」の説明板が設置されている)
藤森神社へ行く道の途中に安楽寺への常夜燈(安政四年)


その横に「此附近右馬寮鳥飼牧址」の石碑と説明板

藤森神社(鳥飼西2)

京都の藤森神社から舎人親王の分霊を勧請したものといわれている(摂津市教育委員会編「ふるさと摂津神社・仏閣編」から)
「千本つきの歌」の石碑
「千本つきには調子がござる足と手と口三拍子」

(石碑の傍らの説明板から)
「古代から淀川は、しばしば洪水に襲われ、明治18年の洪水を契機として本格的な堤防工事が開始された。沿岸の農民たちは労働者として河川工事に参加し主に男はトロッコ押し 女は千本つきといった作業をうけもった。千本つきというのは一種の地固め作業で、長さ1メートル半位の杵をもって、土砂をおいたばかりの堤防の上に並び、杵をあげおろして土をつき固めていく仕事であった。その仕事は単調であったが、村ぐるみの農民参加による集団労働である。いつの間にかすたれていく千本つきの歌声が堤防工事開始と共に再びよみがえったのである。」(淀川改修百年記念事業により設置)
鳥飼仁和寺大橋
1987年2月(昭和62)開通
「100円橋」とよばれている
大阪府道路公社HPによると赤字のため償還期間の延長が検討されているようです
摂津市鳥飼下と鳥飼中の境

茨木から南下してきた「枝切街道」が合流し終点
さらに淀川堤上を進む

この先、高槻市(柱本)へ



高槻市へつづく