高槻街道




 明治以前は大阪高麗橋を基点とし吹田、茨木を経て高槻城下から西国街道へ至る道を高槻街道と称したようであるが、明治に入り茨木市宇野辺から高槻市安満の西国街道接続地までが「高槻街道」とされた。
 高麗橋から宇野辺を経て亀岡に至る道は「亀岡街道」となった。



以下明治36年 「大阪府誌」から引用
「三島郡三宅村大字宇ノ邊に於ける亀岡街道より起り、約百間にして鐵道線路を横断し、春日村を経て茨木川の堤防に上り、堤上百五間にして同川を越江茨木町に入り三島村にて安威川を横ぎり富田村、如是村、高槻町、大冠村を経て同村磐手村大字安満に至り以って國道第三號路線に接續せるものとす。全線の延長二里三十五町四十六間、幅員約二間にして、其の間、路面平夷に近しといへども屈曲甚しく、且、安威川、女瀬川、芥川の三流は其の河底左右田面より高く、河流に比して堤塘過大なるを以って、堤腹接續の道路少しく急坂なり。」
宇野辺(茨木市)で亀岡街道から分岐






より大きな地図で 高槻街道 を表示


亀岡街道(手前)から高槻街道分岐(茨木市宇野辺)

道標「←亀岡街道、→高槻街道」
JR京都線をくぐる
中央環状線を越えた奈良町付近

下中条(茨木市)
中条図書館付近
元茨木川に架かる「高橋」
正面は茨木神社
高橋の西南隅にある道標「右茨木停車場、左大阪 
距 高麗橋減元標 四里二十四丁拾間


茨木神社
茨木神社公式サイト

茨木神社東門から東へ(元町)
本町の道標(裏面は壁に塗りこめられ不明)
「右 京 八幡 三島江 唐崎 富田 高槻 、
左 妙見山亀山中山勝尾寺」
枝切街道(茨木街道支線)との分岐


竹橋町で茨木街道(右)と高槻街道(正面)に分かれる
かつてはこの角に道標があり、
「右 からさき みしまへ道」(茨木街道、馬街道)、
「左 京 そうじ寺」(高槻街道)
とあったが、気がつけばいつの間にかなくなっていた。

(ある家の庭石になっているらしい。)
戸伏
安威川を渡る千歳橋

「いしがんどう」または、「せきかんとう」とも呼ばれる
 敢当とは、無敵を意味する言葉
石敢當は道に設置される魔よけ

富田町(高槻市)
富田(高槻市)
  富田 普門寺手前の道標(天保四年)  
(正面)「右 京山崎高つき芥川 左 能勢妙見 かふさん道」
(右面)「左 大阪 尼崎 いばらき すぐ そうじ寺 道」
(左面)「右 大阪 みしまへ道」
 
普門寺
臨済宗妙心寺派禅刹で、創建は古く南北朝末期の明徳元年
(1390年)にさかのぼる

三輪神社
清鶴酒造の酒蔵


「左 高つき 芥川 京 」
「右 いばらき 吹田」(天保六年)
     

 「右 からさきみち 左 たかつきみち」
 「南無妙法蓮華経」

東からきた道祖本街道との辻
津之江(芥川手前)

芥川を城西橋で渡る
庄所にある道標(彫が浅く読みづらい)

「 (すぐ?) 高槻街道 高槻 山崎、左 高槻街道支線 高槻停車場」
 
「 左 富田 茨木」
(向きが90度違うような・・・)

高西

土橋町

ここで大坂から淀川右岸沿いに来た高槻街道支線が合流
南(右)からきた枚方街道と合流し北(左)へ向かう本町通りへ
八幡町 是三寺前

本町通り
八幡大神宮
高槻城の守護神として歴代城主の崇敬が厚かった

前島街道への分かれ道

右 前島街道との分岐に立つ彫の深い道標
南面「右 八はた淀前島舟のり場 すぐ 京伏見山さき柳谷よしみね」
東面「右 あくた川かさのも里のせ妙(見) 左 そうち寺とん田いばら木」
北面「すぐ 大坂三しまへからさき そうちし ひらかた」
西面「文政八乙酉年四月吉辰」
本町通の突き当たりで高槻街道は右へ向かい
枚方街道は左へ(京口町)
 京口町の道標
 南面「右 京山崎淀柳谷 ふしみ宇治八幡」、東面「左 大坂吹田茨木 尼ケ崎惣持寺」、  西面「萬延元年庚申九月吉辰」 、北面「當村往来安全 願主・・・」

90度右に回したいな
上の道標の所から東へ約100mの辻を北へ向かう
この辺りが高槻六口のうちの「京口」
 辻に立つ道標
 南面「左 京 ふしみ よど 、八幡 山崎 柳谷」
 北面「右 大坂 とん田、いばら木 惣持寺」
 東面「萬延二辛酉三月吉日・・・・」
上の道標から北へ向かうと間もなく国道170号線に合流。しばらく国道沿いに進み国道171号線八丁畷交差点を過ぎると松並木が始まる。
阪急京都線の高架をくぐりJR京都線の手前まで松林が続く

八丁松原(高槻市教育委員会説明板)
JR京都線の上を越える
正面は西国街道(当時の國道第三號路線)
高槻街道の終点      

高槻城跡公園内の歴史民族資料館
工兵第四聯隊跡
明治42年〜昭和20年まで存在した兵舎の営門が
このあたりにあり、兵舎は かつて学校の校舎として
使われていた
高山右近の像
府立槻の木高校
高槻城本丸跡地にある高校
元は「島上高校」2003年に島上高校と高槻南高校が統合され単位制の「槻の木高校」ができた。