竹内街道

西暦613年推古天皇が難波の港から飛鳥の都に至る「大道」を築き(日本書紀)日本初の「官道」となった。
この道が竹内街道となり現在では堺市大小路から河内平野を東へ向かい、二上山の南・竹内峠を越えて、奈良県當麻町の長尾神社に至る約26kmの街道であるが、大部分は推古天皇時代の「官道」と重なっている

正面は堺市役所
榎元町
金岡町
金岡神社
野遠町
下高野街道との辻
岡(松原市)中高野街道との辻にある道標
「右 ひらの 大坂 左 さかい」向きが違う?
カモとカメ
日本武尊陵
古市蓑の辻(羽曳野市)
東高野街道との辻にある道標「左 大和路 右大坂」
石川を臥龍橋で渡る
川向の道標
駒ヶ谷付近(羽曳野市)
駒ヶ谷「役行者錫杖水 左 金剛山」
二上山を望む

近鉄上ノ太子駅



 太子町案内
春日(太子町)の道標「右 たへま つぼさか いせ よしの 高野 道」
六枚橋を渡り飛鳥川沿いに登っていく
竹内街道歴史資料館の手前)
太子町側
国道166号に合流
(道の駅近つ飛鳥の里太子付近)
竹内峠のほんの手前にある宝筐印塔と行者堂
峠への旧道
竹内峠
ここから奈良県







当然反対側は大阪府
峠から竹内(當麻町)へ下る旧道
上は現在の国道
国道と平行して続く道
竹内集落
古い民家が続く(竹内)
長尾神社前のカエル
竹内街道終点の長尾神社