酬恩庵一休寺
(京田辺市薪)
酬恩庵一休寺の沿革
 当時の元の名は妙勝寺と云った。臨済宗の高僧、大應国師(南浦紹明)が中国の虚堂和尚に禅を学び帰朝後禅の道場をこの地に建てたのが始めである。然るにその後、元弘の戦火にかかり復興もならずにいたものを六代の孫にあたる一休禅師が康正年中(1455-6)宗祖の道風を慕って堂宇を再興し師恩にむくいる意味で「酬恩庵」と命名しここで後半の生涯を送り、八十一才で大徳寺住所となったときもこの寺から通われたのである。
 文明十三年(1481)十一月二十一日八十八才の高齢を以て当時において示寂し遺骨を当所に葬ったのである。
 建造物としては足利義教公寄進の本堂(永享年間)慶安三年加賀城主「前田利常公の寄進による方丈、庫裏、唐門、鐘楼、浴室、東司等又一休禅師が住われた虎丘庵墓所があります。
 庭園としては、虎丘庭園(室町時代)方丈庭園(江戸時代)がありともに禅院枯山水の庭で名勝指定を受けている。
墓地には能楽観世流三代音阿弥十五代元章十九代清興観音寺城主佐々木承禎茶人寸松庵等の墳墓がある。
酬恩庵 住職識」
酬恩庵総門
参道

総門を入ると緑の濃い参道
中門を入ると庫裏がある



拝観料を納め中に入ると虎の屏風
室中之間

狩野探幽筆「瀟湘八景図」屏風
方丈の北庭
方丈 南庭

右手の屋根が見える建物は一休禅師墓所
本堂(重要文化財)

永享年間(1429〜41)室町幕府6代将軍足利義教公の寄進
山城、大和地方の唐様建築では最古
虎丘庵

一休禅師の住まい(森女さんとの)


ページTOPへ