梅田街道
大阪と尼崎を結ぶ街道。時代とともに経路の変遷はあるようで、時に大和田街道と称されたりする。
ここでは、陸地測量部の地図(明治18年測量、同31年修正)にある「大阪道」に従って歩いてみたもので、下の大阪府誌の経路とも途中若干異なる

 明治36年「大阪府誌」から引用
 「大阪市北區若松町難波橋北詰國道第二十六號路線より起り、同區堂島濱通三丁目より北に折れ出入橋西詰より西成郡鷺洲村に出で中津川を渉り歌島村に入り神崎川堤防を北進すること二百九十間にして神崎川渡船場に達し、堤防に沿ひ尼ヶ崎町の東端辰巳橋に至りて終る。延長二里十四町五十五間にして大阪と尼ヶ崎町との間に於ける諸村落交通の要路たり。」


GoogleMapで見る

大阪市中央区 
難波橋北詰から

     難波橋 
この橋の北詰が起点

難波橋は、元は難波橋筋(堺筋の一つ西)に架かっていたが、大正4年大阪市電開業に伴い堺筋に架け替えられた
天満警察署前の鳥居と天満宮の石灯籠

天神祭りの際、ここに架かる鉾流橋の袂から鉾流神事が行なわれる。

堂島川の鉾流橋と中央公会堂


こんなんもありました


阪神高速池田線が堂島川を渡たり北へ向う
高速の下を越えたところで街道は北に折れる


 しばらくして出入橋

 現在はこの橋の下に堀川はないが、かつて堂島川から大阪駅に通じる運河(明治10年開削の梅田入堀と翌年には堂島川までの堂島掘割)があり、旧蜆川と堂島掘割が交叉するところに蜆川には緑橋、掘割には出入橋があった

 福島浄正橋から大阪停車場(現在のJR大阪駅)までの「新堀街道」が出入橋西詰で交差している

日蓮宗 浄祐寺

北の新地の遊女たちの信心を集めた寺
遊女菊野をめぐって実際に起こった5人殺傷事件の犠牲者の墓があります
国道2号線出入橋交差点を渡りJR線の下を越え福島区へ


梅田貨物駅からの貨物線を越え西へ


上福島公園脇にある地蔵堂

上福島公園

このあたり「山田街道」と並行する
大淀中五丁目から淀川へ
JR神戸線と阪神高速池田線が新淀川を渡っていくが、旧街道はこの少し下手にあったと思われる。
現在歩いて渡れる橋がないので、さらに下手の国道2号線、淀川大橋を渡り野里へ



西淀川区 
 

新淀川の堤防から旧道へ(西淀川区花川一丁目)
柏里2丁目
淀川改修以前の旧中津川の左岸でかつてはここから左へ「槲の橋」、「野里の渡し」であったところ
明治9年(1876)に「槲(かしわ)の橋」という有料の木橋が架けられた




野里の渡し跡

旧中津川右岸にあたる

歌島付近 八丁橋

今は緑道となった大野川・中島大水道を越える

中島大水道
延宝6年(1678)に、摂津国西成郡の北中島地域(東淀川区・淀川区・西淀川区)に属する22か村の農民らが、悪水と滞留水を海に流すために、自力で開いた排水路。
 このあたりは低湿地で、古代から水害に悩まされ、村々は幕府負担による「公儀普請」の嘆願を重ねたが、逆に「百姓普請」を命ぜられ、資金約2,000両のほとんどを地元で負担して、大水路を、約50日で完成させた。途中で幕府は許可を取り消し即時工事中断を命じるが、その先頭に立った3名の庄屋は抗議の自決をしたという。
新太郎松樋(東淀川区淡路4)から福村吐口樋(西淀川区、現在は新淀川の川底)までの9,200m
 明治32年の淀川改修によりその主な役割を終え徐々に埋め立てられ現在は道路や緑道になっている。
なお、この大水路に沿った道は中島街道
御幣島を通り神崎川に突き当たるが防潮壁が続き神崎川は全く見えない

この辺りに神崎川の渡しがあったのか?何の形跡も見当たらないが。

ここから佃島に渡る術はないので下流の神崎大橋へ
 
 
 
 佃
  神崎大橋から上流を望む
左が佃島、右が御幣島 
   佃一丁目
 
田蓑神社(西淀川区佃1-18-14)


佃漁民ゆかりの地

「天正十四年(1586)に徳川家康公が大阪住吉大社、摂津多田神社に参拝の折、神崎川の船渡を勤めた縁より、後に漁業権の特権を与えられ、また将軍家への献魚の役目を命じられ、佃の人等三十三名と田蓑神社宮司平岡正太夫」の弟、権太夫好次が移住した。
 後に、寛永年間に幕府より鉄砲洲の地をいただき埋め立て造成し、天保元年、故郷の佃村にちなみ「佃島」と命名し移住。(現、東京都中央区佃島)また、正保三年六月29日住吉大神の社地を定め、住吉の四柱の大神と徳川家康公の御霊を奉られた。(現、東京佃島の住吉神社)
(神社説明板から)
 「田蓑神社由緒

 御祭神 表筒男命、中筒男命、底筒男命、神功皇后

 貞観十一年(八六九年)九月十五日、鎮座。田蓑嶋神社という。
 寛保元年(一七四一年)九月に、住吉神社と改名し明治元年(一八六八年)に田蓑神社となる。

 住吉の四柱
 住吉大神は昔、日向の橘の小門の檍原というところにお出ましになりました大神で伊邪那岐大神のお子様が表筒之男命 中筒之男命 底筒之男命の三柱でございます。伊勢神宮の天照皇大神の御兄神に当れる神様です。神功皇后が三韓征討の時 皇后みずから住吉三神を守り神と奉り進まれ遂に三韓の王等を降伏、国におもどりに成る途中この田蓑嶋に立ちよられ勝ち戦を祝われ三神を奉られ後に神功皇后も加わり四柱となる。これを住吉の四柱の大神という。時の御船の鬼板を神宝として今も奉祀されている」

被爆者鎮魂碑
 大東亜戦争の末期 昭和二十年六月二十六日 アメリカ空軍B29の来襲により、 此所にあった地下壕が直撃弾を受け 避難中の付近住民約五十三名の尊い命が奪われ、近くの篤志家により無縁佛が建立され 昭和三十三年には一般住民の方々のご好意により記念碑と地蔵尊が合祀された
   佃島内を南へ辰巳橋へ向う
  左門殿川の辰巳橋

ここが街道の終点で橋を渡れば尼崎 
   

TOPへ