山田街道


 大阪の西部と北部(能勢街道)を結ぶ街道
 山田街道の「山田」はこの街道の途中にはない地名。終点で能勢街道を北上し三国で三国街道により北へ進むと新田村上新田(三島郡)を経由して三島郡山田村(現吹田市)へ通じているのでこの「山田」でしょうか。(三等補助里道にも「山田街道」があり、新田村上新田から山田村を経由し下中條(現茨木市)で高槻街道に合流)

明治36年「大阪府誌」から
「 山田街道 大阪市北區安治川上通壹丁目尼ヶ崎街道より岐かれ、西成郡鷺洲村大字大仁に於いて梅田街道と合すること百八拾間にして更に之れと分離し、専田圃を縦貫し同郡中津村大字小路にて國道第弐拾六號路線と合し、十三橋を渡り中津川北堤に至り分かれて東に向かひ堤上約八拾間にして神津村大字木川に下り、同郡同村大字野中に至り能勢街道に合して終わる。延長僅に一里一三町にすぎざる短線なりと雖大阪市西部より能勢街道に通ずる捷路なるが故に頻繁なり、地勢は大仁、十三間多少の屈曲ありといえども、概平夷にして中津川堤塘の前後少しく坂路を有せるのみ。」

GoogleMap


山田街道の起点
「大阪市北區安治川上通壹丁目尼ヶ崎街道より岐かれ」(M36年大阪府誌)とあることから尼ヶ崎街道が安治川対岸の川口町から始まり、安治川を渡った(M18年の大洪水までは可動橋の安治川橋であったがその後は木橋となり明治の末には橋はなくなり、その後は渡船)この地点(かつては安治川上通一丁目)が起点となる。
このあたりは大阪市中央卸売市場 昭和6年に開設。安治川沿いに積み下ろし用駐車場がありその中を歩いていきます

船津橋

天神社
安治川沿いに遡っていくとやがて堂島川と土佐堀川に分かれその間に中之島が見えてくるとすぐに堂島川を渡る船津橋がある。その前を過ぎしばらく進むと左手に天神社。福島三天神の一つで「下ノ天神」といわれてきた。境内に「右ハ婦ち(フジ)名所春日社 是・・・・」、「天文元壬辰年」、「願主山名礒兵衛建之」の道標。天文元年は1532年で大阪府下では2番目に古い道標(「大阪の街道と道標」(武藤善一郎著))となるが願主の活躍した時期等から宝暦年間頃(1760頃)のものと考えられている。天文2年(1533)にこの付近で起った本願寺門徒21人討ち死にと何か関係あるのか
玉川


「『区の花 のだふじ』ノダフジ(野田藤)。日本のフジの標準和名。蔓は右巻き。往古の昔、野田・玉川付近は大阪湾に面した湿地帯で、温順な気候に恵まれ辺り一面に藤が咲いていた。貞治三年(1364)春、室町幕府二代将軍・足利義詮が住吉詣での途中この地を訪れ「紫の雲やといわむ藤の花 野にも山にもはいぞかかれる」と詠んだことは史実として有名である。
文禄三年(1594)春、豊臣秀吉が藤見物にここを訪れた。その後、「吉野の桜・野田の藤・高尾の紅葉」と童歌にも歌われ、江戸時代には野田藤は、大阪の名所として全国に知られるようになった。戦前まで残っていた藤の古木は、惜しくも第二次世界大戦の空襲でほとんど焼失したが、区民と行政の努力により区内各所で)よみがえりつつある。」
のだふじ祭り実行委員会の説明板から)
春日神社と野田の藤跡碑
(玉川2)
春日神社の向かいの「エスポワール藤」前の藤棚
地元のボランティアの方により丁寧に世話されていいる。(この日は満開には一週間ほど早かった)
二十一人討死之碑
(玉川4 コミュニティーセンター前)
圓満寺(福島区玉川4)
天文3年(1534)討死した21人の菩提を弔うため野田村惣道場として建てられた
(圓満寺門前の説明板と灯籠)
極楽寺
21人の菩提寺として建立。
真宗大谷派で野田御坊と呼ばれている
門前には「野田城址」の石碑あり
恵美須神社(玉川4) 御祭神 事代主大神、天照皇大神、八幡大神
神社略記には「社傳によれば永久元年11月20日当地開発最初の地に大神を勧請し」とある
神社東南角に道標がある
 正面 「右 なか山 あまか崎 のさと渡 左御舊跡御坊極楽寺」
 左面 「右 ふなつはし なかのしま」
 右面 「左 ふなつはし なかのし(ま)」
 裏面 「願主 弓場丁中」



堂島大橋

下福島公園
あみだ池筋の堂島川に架かる橋で現在の橋は昭和2年完成 堂島橋の北詰が下福島公園
日本紡績(後のユニチカ)と福島紡績(後のシキボウ)の工場の跡地に昭和17年開園。野田藤発祥の地として園内には多くの藤棚がある
莫大小(メリヤス)会館(福島区福島3)昭和4年建築。2〜3階は昭和12年増設 逆櫓の松跡
「摂津名所図会によれば幹の形が蛇のような、樹齢千歳をを越える松が生えていたという。この松を逆櫓の松と呼んだ。逆櫓の松は、近代に入るころには、すでに枯れてしまっていたらしい。」(大阪市教育委員会の説明板から)
そこからしばらく行くと玉江橋からのなにわ筋との交差点(上天神南交差点)。東南角は朝日放送のビル
ここがかつて蜆川に架かる浄正橋があった場所で大正13年に蜆川が埋め立てられ、ここから100m余り北、国道2号線との交差点が現在では「浄正橋交差点」とされているが、実の浄正橋はここで「浄正橋跡」の碑が建てられている。
なお、浄正橋は大阪駅へ向かう「新堀街道」の起点
玉江橋 (「玉江橋」大阪市の顕彰碑
現在の橋は昭和4年(1929)に架け替えられた
玉江橋北詰から少し東にある「福沢諭吉誕生地」の碑とその横に「豊前国中津藩蔵屋鋪ノ跡」の里程標石
上天神南交差点(なにわ筋との交差点)を左折し北へ向かうとすぐに福島天満宮がある

福島天満宮
福島三天神の一つで元は上ノ天神と呼ばれていたが、戦災で焼失した中ノ天神(下福島公園の東)を合祀し「福島天満宮」と改称された。正面左はおでんのはなくじら


福島天満宮から間もなくJR環状線とJR東海道線の下を越えていく
環状線を越えすぐ左へ向う道は大和田街道

上福島北公園

公園隅にある「茶若地蔵尊」
福島6丁目のライオンビルの交差点で右から来た梅田街道に合流し左折。この辺りはかつての「大仁村」
旧道は残っていないが、旧道はシンフォニーホールの南側、上福島北公園の中あたりになるのか
公園内には大阪市福島区役所が建てた「旧町名継承碑『大仁元町一丁目』」があり、ここは「旧大仁村の中心に位置した」とある
浦江公園の北東角を回り右折し梅田街道と別れ北へ向かう
大仁の八坂神社(大淀中3)
北上し淀川堤へ向う
明治42年(1909)の淀川大改修前は中津川がさらに北を流れていたためこの先街道が続いていたが改修により新淀川ができてからは新十三大橋を渡ることとなった




十三橋南詰の常夜燈型の道標
高麗橋からきた中国街道(國道第二十六号路線)に合流する十三橋南詰に大型の常夜燈が建つ


「南 十三橋南詰町 親友會 右長柄二十町 左傳法壱里」
「東 往来安全 (指さし)池田四里 伊丹二里半 (指さし)高麗橋一里」
「西 大正九季庚申三月建之 発起人・・・」
「北・・・・・・・・・・・」

中国街道と合流し十三橋を渡る


淀川を渡り十三(淀川区)へ
十三で川を渡るのは、明治42年(1909)淀川大改修前は中津川であり、明治11年(1878)に木橋ができるまでは十三の渡しがあった。明治42年(1909)年新淀川となり2代目鉄橋が架けられた。その後、昭和7年(1932)に現在の十三大橋が完成している。(大阪市の説明板
十三側の堤上に「十三渡し跡」碑と大阪市教育委員会の説明板がある
中国街道を分かれ阪急電車の下を越えるとやがて左手に神津神社の鳥居が見えてくる。(この地点に下の道標(B)があったとのこと)
神社の境内に三基の道標が並べて保存されている。その上に「十三の道標配置図」として梶山彦太郎氏による説明が掲示されている

向って左の道標(C) 正面「右小島村宮 稲荷社 すぐハ十三 左リハ本庄 道」、右面「あんさん御守 おこりよけ御ふた ほうそう御守・・・・」、裏面「寛政二庚戌年六月」、左面「斎 天満西・・・」
真ん中の道標(D)「小嶋村宮 稲荷社 是より左へ すぐハみのを多田のせ」、「大坂・・・・」
向って右の道標(B)「往来安全」、「はつとり天神宮 三國渡 池田」、「嘉永  四年」、「堤上 西十三渡 東本庄渡 大坂」

神社を出て左へ右へ左へ折れて道なりに行くとやがて十三小学校前バス停前に木川本町商店街の入口が見える
ここが淀川の新橋の渡しから来た能勢街道との合流点で山田街道の終点となる

山田街道終点

この商店街入口の右角に上の(C)の道標があったとのこと


ページトップへ