和歌山〜紀伊小倉 岩出〜長田 粉河〜笠田 妙寺〜橋本 橋本〜五條


大和街道1


和歌山城
和歌山県和歌山市1番丁
和歌山城は,天正13年(1585)に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まり。その築城を担当したのが,築城の名人藤堂高虎。
 まず,秀長の城代として桑山重晴が入り,慶長5年(1600)には,関ヶ原の戦いで功をたてた浅野幸長が入城。元和5年(1619)には徳川家康の第10子頼宣が入城し,紀州55万5千石の居城となり,以来,尾張・水戸と並び,徳川御三家のひとつとして,長い歴史を刻んでいる。
天守閣

昭和20年(1945)戦災によって焼失してたが、同33年に鉄筋コンクリートで外観復元された
鶴の渓
先代藩主浅野公がここで鶴を飼育していたのでこの名がある。
石垣上に山吹が繁茂していたのでまたの名を山吹谷という
(説明板から)
西の丸庭園から裏坂へ向かう 岡口門
元和7年(1621)に徳川氏によって建立された切妻本瓦葺きの櫓門
動物園 西の丸庭園
紀州徳川家初代藩主頼宣が築造したもので
野面積み
粗削りで石の形も不揃い
天正期のもの
打ち込みハギ
石と石の間に小石をつめて隙間なく積んでいく手法
伏虎像 切り込みハギ
間石を用いることなく、隣接する石の切り口を合わせた新しい技法で積まれた石積
一の橋の樟樹
推定樹齢約450年
大手門
(一の橋門)


和歌山城の大手門を出て本町通りを北へ向かう



ぶらくり丁
市堀川に架かる京橋  手前に京橋門跡があり、街道はこの門の外、札の辻を起点としている
本町通を進むとやがてJRの踏切を越える 紀ノ川の手前で右へ

嘉家作り丁
紀ノ川の堤防の斜面を利用して建てられた独特の造りは、参勤交代で通る殿様行列を見下ろさないようにと配慮されたもの

志磨神社




地蔵の辻
国道24号と県道有功天王線が交差する地蔵の辻は、古くから大和街道と大阪街道が合流する交通の要衝であった。元はこの辻の北東角に地蔵堂があったが、2003年に県道の拡幅工事に伴い、約200メートル南へ移動ている。
この辻を北に向うと紀ノ川の手前にあの傾いた「中華そばまる豊」がある

四箇郷一里塚
元和5年(1619)に徳川頼宣が入国し大和街道、大坂街道を整備して一里塚を設けたその第一号
和歌山刑務所
全国6か所ある女子を収容する刑務所のひとつ。
通称「和刑(わけい)」。
八軒家と道標

阪和道の高架をくぐり左の旧道を進むと八軒家
また国道24号線のバイパスの高架をくぐると根来寺を示す大型の道標がある
南田井ノ瀬橋の手前で紀ノ川堤防へ上がる 紀ノ川対岸方向を望む
県道14号
和歌山市岩橋(いわせ)
景色はよいが歩道がきわめてせまく大型車が高速で通り抜けるので恐怖
千旦(せんだ)で堤防上の県道から別れ旧道を進む








JR和歌山線
千旦駅付近
布施屋で川辺橋を渡ってきた熊野街道と合流する
宮井川
岩出井堰を井口とし和歌山市内を広く灌漑する
JR和歌山線
布施屋と
紀伊小倉の間
(クハ104・クモハ105)
馬次の地蔵堂
イボ取りと安産に霊験あるとか
巡礼墓
宝永二年(1705)岩出横渡しによる上新出一本松から根来寺に向かう40名余の渡し舟が転覆し15名は助かり残りの人は水死し巡礼者が多く満屋の人があつく葬った
小倉付近 何塀?
小倉のはずれ
この左手に八坂神社がある
八坂神社
一等水準点
18.9m
もうすぐ岩出市
岩出市へ